民進党の蔡英文主席

写真拡大

(台北 22日 中央社)監察院は22日、2015年度の政治献金バランス表と収支決算表を公表した。それによると、民進党の献金による収入額は1億9221万台湾元(約7億400万円)となり、国民党の9141万元(約3億3500万円)と比べ1億元(約3億6600万円)以上多かったことが分かった。

民進党の献金収入は1億3148万元が個人からで、営利事業による寄付は5001万元あった。支出は1億5789万元。選挙対策費が6346万元。事務費は3361万元だった。余剰金は3432万元。

一方、国民党の献金収入は個人からが4023万元で、営利事業からが5026万元。支出8208万元のうち、公職選挙立候補者への寄付が4860万元で、選挙対策費は1587万元。余剰金は933万元だった。

(謝佳珍/編集:齊藤啓介)