写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本郵便は2017年6月1日、第二種郵便物及び定形外郵便物の料金ならびにゆうメールの運賃を改定する。

この改定により、通常はがきが現行52円から62円に引き上げられる。往復はがきは現行104円から124円に。なお、年賀はがきの料金は52円に据え置く。

同社では、郵便物の減少が続く中、機械化等による生産性向上や各種コスト削減に取り組み、郵便料金を1994年の改定以来、2014年度の消費税増税時を除き実質的に22年間据え置いてきた。

しかし近年、人件費単価の上昇等により、郵便事業の収支が悪化。また、大型の郵便物等の増加により、持ち戻り・再配達を行うことによるコストが増加しているという。このような状況を踏まえ、今後も安定的なサービスの提供を維持するため、郵便料金等の一部を改定するとのこと。

※価格は税込
※写真は本文と関係ありません