“韓国人&中国人で構成”12人組ボーイズグループVARSITY、予告イメージ第4弾を公開

写真拡大

新人グループVARSITYが予告イメージ第4弾の走者として、YUNHO、ANTHONY、KIDを公開した。これで12人のメンバー全員がベールを脱いだ。

VARSITYはこれまで3度の予告イメージを公開してきた。そして本日(22日) 0時にVARSITYのTwitter、Facebook、Instagram(写真共有SNS) など公式SNSとファンコミュニティには、残りの3人のメンバーYUNHO、ANTHONY、KIDのイメージが公開された。

写真の中でダイナミックなイメージをアピールしているYUNHOは2000年4月15日生まれで、ストリートとアーバンダンスで優れた能力を持つダンサーだ。ピアニストのようなロマンチックな姿を見せているANTHONYは、1998年12月3日生まれで中国系アメリカ人だ。高レベルのピアノの実力と、ボーカル能力を兼ね備えている。

レッドトーンのヘアで爽やかな魅力を見せているKIDは1995年10月26日生まれで、チーム内で最も練習期間の長いメンバーである。しっかりとした基本技をベースに、多様な姿を見せることのできるメンバーだ。

来年1月3日にデビューするVARSITYは、12人のメンバーが全員姿を現した中、23日にはメンバー全員が写った完全体のVARSITYのイメージを公開する予定だ。

英語、フランス語、中国語、アラブ語等が堪能なメンバーを保有し、グローバルアイドルグループとしての確固たる位置を目指すVARSITYは、中国の人気スターファン・ビンビン(范冰冰) 、元EXOのクリスなどが出演し、現地で視聴率1位を記録した人気バラエティ番組「挑戦者連盟」を制作した中ヒ合力文化専売有限公司と韓国のグローバルKセンターの合作プロジェクトであり、デビュー前から関心を集めている。

デビュー曲を通して、アクロバティックな“切れ味のいいダンス”でパワフルなパフォーマンスを繰り広げ、これまでのアイドルグループとは違った魅力をアピールする。