“子役出身”キム・ユジョンに「態度議論」が勃発…舞台挨拶での姿に批判の声

写真拡大

ブレイク中の子役出身女優キム・ユジョンが態度議論に巻き込まれた。

最近あるインターネット掲示板には「キム・ユジョンの態度議論」というタイトルの動画が掲載された。

該当の動画には映画「愛してるから」の舞台挨拶の現場が盛り込まれていた。チュ・ジホン監督と出演俳優チャ・テヒョン、キム・ユジョン、ソ・ヒョンジンなどが出席し、観客に挨拶する姿だった。

ところが、このときのキム・ユジョンの態度が問題になったのだ。彼女は他の俳優らとは違い多少散漫とも取られかねない態度を見せた。片足に重心をかけて立っていたり、自身の爪先を見ていたりしていたのだ。

舞台から退場するときは観客たちに丁寧に挨拶をしたが、ネットユーザーたちは主演俳優として見せた彼女の態度を残念に思う反応を見せた。

キム・ユジョンは現在インフルエンザにかかり、映画のPR活動を休止している。