“ロックヒロイン”LiSAの横浜アリーナ2DAYSの模様をWOWOWで放送!

写真拡大

'10年にTVアニメに登場するバンドのボーカル役の歌い手に抜てきされ、'11年にソロデビューしたLiSAは、歌唱力や楽曲のクオリティーの高さ、オーディエンスを圧倒するパワフルなステージパフォーマンスで多くのファンを獲得してきた。

【写真を見る】WOWOWで、LiSAの想いが込められた2日間のステージの模様を12月23日(金・祝)と'17年1月15日(日)に放送!

ソロデビューからわずか3年後の'14年には初の日本武道館でのワンマンライブを、翌'15年には武道館2DAYSも成功させ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せてきたLiSA。

そんな彼女が、ことし11月26日、27日に神奈川・横浜アリーナで2日間にわたり初のアリーナ公演を開催した。このライブは「NEVER ENDiNG GLORY」という、双子の姉妹SunとMoonが主人公の物語を軸に展開。初日と2日目でそれぞれ衣装やセットリストも大幅に替えるという試みも話題となった。このLiSAの想いが込められた2日間のライブの模様が、WOWOWライブで放送される。

12月23日(金・祝)夜10時より、初日「the Sun」の模様を放送。この日のライブの模様を放送を前に振り返る。

初日「the Sun」は、楽天家で天真爛漫な妹Sunを主人公に物語が進む。オープニング映像で姉のMoonとケンカしたSunは家を飛び出してしまう。そこで妖精的な存在のカエルのモモコに出会い、“絶望の暗闇に包まれようとしている世界を救う”という大きな使命を与えられることに…。

映像に続いて「コズミックジェットコースター」でライブ本編がスタート。ロックなイントロが鳴り響き、「横アリ!」と叫びながらLiSAが登場すると、大歓声が巻き起こり、会場がペンライトのピンクに染まった。

「最高に楽しんでいきましょう!ピース!」とお馴染みの挨拶をして、「Rally Go Round」「say my nameの片想い」とたたみ掛ける。

ファンで埋め尽くされた会場を見回し、「こんないっぱいな横浜アリーナを見たのは今日が初めてです!」と喜び、「エレクトリリカル」では観客に振り付けを指導して一体感を生み出していった。その後も鍵盤ハーモニカを演奏したり、エレキギターをかき鳴らすなど、曲ごとに彼女自身の様々な色を見せ、時にはキュートに、時にはかっこよく、ステージの上で魅力を存分に発揮していった。

中盤の映像では、Sunが占い師シャンウェイの話を聞いて“Moonに会いたい、仲直りしたい”と願うようになるシーンが映し出され、その流れで「ジェットロケット」が始まり、ライブは後半戦へ。

続く「ラブリーデイ」でLiSAは空飛ぶ自転車に乗り、メインステージから、センターステージも超えて会場後方のサブステージまで飛んでいくという大仕掛けの演出が披露され、観客を大いに沸かせた。

サブステージでダンサーたちが演じるSunとMoonが仲直りして、「Brave Freak Out」「She」「Rising Hope」といった楽曲に合わせて物語も進んでいく。SunとMoonと力を合わせてLiSAは、世界を絶望の暗闇に包み込む巨大な怪物“ディスペア”を退治することに成功。勝利の歓喜をファンと分かち合うかのように「Hi FiVE!」を歌い、映画のエンドロールのような雰囲気の中、「終わらない冒険」で本編を締めくくった。

初日はSunのキャラクターに合った前向きで明るい曲が多く、メインとセンターとサブの3つのステージを使い、自転車での空中浮遊、巨大な敵との殺陣など見どころ満載のステージとなった。エンターテインメント性の高いステージの臨場感を放送で味わおう。

そして2日目「the Moon」の模様は、'17年1月15日に放送される予定。「the Sun」とは違うセットリストで送られるLiSA渾身のステージ、両日とも目に焼き付けていただきたい!