Doctors Me(ドクターズミー)- 夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?

写真拡大 (全7枚)

夏に比べると冬は汗をあまりかかないので、ついつい体臭対策を怠っていたりしていませんか。

実は冬も気をつけないといけないそうなのですが、なぜ寒い時期にも体臭のリスクがあるのでしょうか。

今回は冬に体臭がきつくなる原因、体の部位別ごとの臭い対策などを医師の建部先生に解説していただきました。

夏より冬の方が臭いがきつくなる原因


体臭を皆さんが気にされる季節というと、やはり夏が多いのではないかと思いますが、実は夏よりも冬の方が体臭がきつくなる場合も数多くあります。

冬に体臭がきつくなるメカニズム


どうして、夏の方が蒸し暑くて汗もかきやすいのに、冬場の方が体臭がきつく出やすいのか疑問に思われる方も多いでしょう。

しかし、分泌されたばかりの汗そのものには臭いがなく、汗に含まれる皮脂が酸化したりその皮脂や汗の水分を利用して雑菌が繁殖することによってはじめて臭いが発生する、というメカニズムが挙げられます。

暖房、コートなどの衣類


夏場は汗を多くかく半面、シャワーなどを浴びて汗を流す機会も多く服装も当然ながら通気性の良いものになります。雑菌繁殖による臭いが発生してもそれが感じにくい条件や環境になっているといえます。

一方、冬は暖房や暖かいコートなどの衣類の影響によって、思ったよりも汗をかく機会が多いのに、本人が意識せずそのままにしていることが結構多いと思います。これが冬に、夏よりも体臭が強く感じることがある原因と考えられます。

冬場に体臭を強く感じやすい部位としては、コートなどでカバーされて汗をかく機会の多い脇などの上半身や、ブーツを履いて汗をかくことの多い足の部分などが挙げられるでしょう。

寒さによる運動不足と高カロリーな食事


寒さのあまり運動習慣が疎かになり、脂質の多い高カロリーな食事を多く摂ってしまいがちでもあります。

脂質摂取が多くなれば冬場の皮膚乾燥を防ぐ体の働きもあり、汗とは別にその分泌が促され体臭の原因にもなり得ます。

冬の男性と女性の臭いの違い


男性


男性は女性よりも一般に代謝量が多いことが多く、汗もかきやすいこと、また、皮脂の分泌も盛んなことからどちらかというと脂っぽい臭いになることも多いようです。

女性


女性の場合は、特に冬に特徴的なのは、ロングブーツなどの着用による足の蒸れた匂いが多いかと思います。靴を脱いだ瞬間にぷーんと匂う独特のにおいに、ドキッとした経験はありませんか?

部位別の冬の体臭対策


頭皮


定期的にシャンプーを行うことはもちろんのこと、洗髪の後は朝急いでいても、しっかり髪を乾かすようにしましょう。

特に、洗い髪の湿度が残ったまま冬用の帽子などかぶってしまうと、雑菌が繁殖しやすい環境になるためイやな臭いの原因になります。
 

首筋


首筋は加齢臭などが特に気になりやすい部位です。自分の臭いに合わせた、体臭対策用のソープなどを使用するとより完璧でしょう。


冬は脇の臭いもつい、ケアを怠りがちですが、夏と同じくに制汗剤や脇のデオドラントグッズの出番といえるでしょう。
 


こちらも冬に非常に気になるもの。足の臭いが気になる方は、通気性の良い素材のブーツを選んだり、デオドラント効果のある中敷きを選んだりすることも効果が期待できます。

体臭で病気を疑うケース


特に冬に限ったことではありませんが、夏よりも臭いがこもることで、臭いが感じられやすくなるのは事実です。

糖尿病


糖尿病に罹患しているときは、何となく甘い体臭になることがあります。尿も同様です。

肝機能の低下


肝機能に問題がある際も、独特の口臭や体臭が現れることが知られています。

おでき(化膿性粉瘤)


お尻や背中にできてしまった少し大きめのおできは、内部の酸化された脂質や膿が、特有の臭気の形で現れます。

冬の体臭予防法


皮膚の雑菌が臭いの元


皮膚には臭いを生む雑菌とその雑菌から肌を守っている表皮ブドウ球菌という常在菌が存在しています。雑菌の数が多くなってしまうと、雑菌と臭い物質が増えます。

体の洗いすぎがNGな理由


体臭をコントロールするには体を洗うことが最大の対策になるのですが、季節に関係なく強い洗浄力を持つボディーソープやシャンプーで全身をゴシゴシこすって洗浄すれば雑菌や汚れも除去できますが、有益な常在菌も同じく除去されてしまっています。

常在菌が徐々に回復すればいいですが、空気中を含めそこらじゅうに存在する雑菌と異なり、すぐには回復しません。また皮膚のバリア機能である皮脂膜も壊されるため雑菌などの異物が皮膚に直接侵入しやすくなります。

結果的に体の洗いすぎは雑菌が数的優位になり、肌環境が弱アルカリ性に傾きその弱アルカリ性の環境は雑菌の繁殖を加速させ、雑菌と臭い物質はさらに増加してゆきます。

簡単に言うと「冬は特に洗えば洗うほど、肌の潤いがなくなって雑菌が増殖して臭くなる」のです。

冬の有効的な体臭予防法


◎できるだけ皮膚常在菌を損なわないように体を洗う
◎入浴後のスキンケア(保湿)の実践

最後に建部先生から一言


冬場の体臭は、多くの方にとって盲点となりがちな点です。スキンケアと食事内容・運動のバランスに少し気にかけてケアをするだけで大きな差を生みます。賢い体臭コントロールとそれに連なる生活習慣の実践がポイントになります。

ご参考になりましたら幸いです。

(監修:医師 建部雄氏)