ロシアのペスコフ大統領報道官は21日、米ロ間の対話がほぼ途絶えていると明らかにした。ロシア通信(RIA)が伝えた。

 報道官は「ほぼ全てのレベルで米国との対話が断絶している。われわれは連絡をとっておらず、行う際も最低限だ」と述べた。

 これに対し米国務省のカービー報道官は声明で「外交におけるロシアへの関与は幅広い分野で続いている」と指摘。「幾つかの問題でロシアと大きな(立場の)違いがあることは周知の事実だが、対話は途絶えていない」と反論した。

 ケリー国務長官は20日にロシアのラブロフ外相とシリア情勢について電話で協議したとしている。

 RIAの報道によると、ペスコフ報道官はロシアのミールテレビとのインタビューで、プーチン大統領が2018年の大統領選に出馬するか分からないとの認識を示した。

「仕事とプロジェクトで誰もが頭痛を抱えている。誰も選挙のことを語ったり考えたりしていない」と述べた。

[モスクワ/ワシントン 21日 ロイター]




Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます