甘え上手でワガママな一面があると、「末っ子っぽい!」と言われがち。やっぱり末っ子ってワガママな性格なのでしょうか? 末っ子の特徴をご紹介します。

兄弟構成で性格診断! 末っ子の特徴

1: 要領のよさはピカイチ!

つねに兄姉たちの振る舞いをみて育った末っ子。相手の行動をみてから自分の行動を決めるというスタンスなので、要領のよさはバツグンです! 同僚が上司に叱られる場面に遭遇したら、なにをしたら叱られるかを徹底的にリサーチ! 相手の怒るツボを熟知しているので、怒られることはありません。

2: 頼っていい相手を見極めることができる

まわりの様子をみる能力に長けている末っ子は、観察力もバツグン。頼ってもいい相手というのを自然に見極めることができます。基本的に甘え上手なので、自分で調べるよりも誰かから教えてもらいたいと思っています。優しい先輩をみつけたら、持ち前の愛嬌でちゃっかりアドバイスをもらっていることも……。
しかし、厳しい先輩の前では、“自分だけで頑張っているアピール“をするような要領のよさです。

3: 負けず嫌い。褒められて伸びるタイプ

子どものころから、できないことを兄姉にからかわれていた末っ子。みんなと同じ立場になりたいという思いから、負けず嫌いでちょっと生意気な性格に育っていきます。しかし、基本的にかわいがられて育ってきたので、メンタルは弱め。
強く叱られると、嫌になってしまいます。褒められたほうがモチベーションも上がり、伸びるタイプといえるでしょう。

4: できなくても当たり前だと思ってしまう

つねに両親や兄姉から世話をやかれてきたからか、自分はなにもできない人間だという気持ちをもっています。落ち込むと、「自分の実力はこんなもの……」と無力感を感じてしまうかも。

5: 子ども好き

年上に囲まれて育ってきたので、年下や子どもをみると、ついかまいたくなってしまいます。お姉さん風を吹かしつつ、お世話をすることに喜びを感じます。

6: 自由奔放な小悪魔

天性の甘え上手で、愛嬌があるので、生意気な言動をしても「かわいいから」と許されがち。両親からのプレッシャーもないので、自由奔放に生きていくでしょう。そんな自由な振る舞いが小悪魔っぽくみえるからか、男性にモテるのも末っ子の特徴です。

7: 甘やかしてくれる長男タイプとは相性◎

「甘やかされることが当然」だと思っている節がある末っ子。ワガママをきいて甘やかしてくれるような、長男タイプの男性と相性がいいでしょう。

8: 束縛タイプ

まわりからつねにかまわれてきたので、放置されることは大嫌い。すぐに相手の愛情を疑ってしまいます。彼からの愛情表現を求めたり、束縛してしまうことも多いかも。

末っ子は家族のマスコット的存在! どこかにくめない、かまってちゃんなのです。次回は、ひとりっ子の特徴をご紹介します。