ワールドミュージックシーンで話題と注目を集めている、フィンランド出身女性4人組のアカペラグループ「トゥーレタル」が初来日

写真拡大

六本木ヒルズでは「Artelligent Christmas 2016」のクライマックスを盛り上げる、「Roppongi Hills Christmas Concert 2016」を、12月23日(祝)〜12月25日(日)の3日間、六本木ヒルズアリーナにて開催する。六本木ヒルズのオープン以来、毎年開催しているクリスマスコンサートは、今年で14回目を迎える。誰でも無料で参加でき、音楽を通じてクリスマスにふさわしい心温まる空間を提供。

【写真を見る】数々のCMソングを手がけるシンガーソングライター「エミ・マイヤー」

今年は、ワールドミュージックシーンで話題と注目を集めている、フィンランド出身の女性4人組アカぺラグループ「トゥーレタル」が初来日。「北欧伝統音楽」と「アーバン・ビート」の要素を取り入れたオリジナル曲を自らの声で楽器演奏し、今までにない絶妙なハーモニーを奏でる。また、数々のCMソングを手がけ、昨年リリースしたジャズ・スタンダード・アルバム「モノクローム」で、iTunes Storeのジャズチャートでシングル、アルバムともに1位を獲得したシンガーソングライターの「エミ・マイヤー」や、ポップとクラシックが融合した独自の世界観を築き上げている女性コーラスグループの「リトル・キャロル」などが出演する。

さらに今年が初めての試み!クリスマスコンサートのメインステージを見ると、ハートや星のモチーフが輝く「光のバルーン」を3日間限定・先着でプレゼント。心に染みわたる美しい歌声の余韻に浸りながら、キラキラと光り輝くイルミネーションを持ち帰り、自宅でもクリスマスを満喫しては。【ウォーカープラス編集部/原田桃花】