写真提供:マイナビニュース

写真拡大

去年のお正月の話。仕事は休みで、テレビでは楽しい特番が放送されてる。外に出るのも寒いし、ずっと家の中でも十分楽しいもん! とコタツでぬくぬくお餅を食べて……気がつくと体重計の数値が恐ろしいことに! こんな経験、ありませんか?
そこで今回はマイナビニュース会員のうち「正月太り」を経験した721名に聞いてみました。みんなの「正月太り」の原因って何!? どんな対策してますか?

Q.(これまでの)「正月太り」の1番の原因は何でしたか?

1位 食べすぎ     77.5%
2位 生活リズムの乱れ   8.7%
3位 運動不足       8.5%
4位 飲みすぎ       5.1%
5位 その他        0.1%%

Q.今年のお正月は「正月太り」に気をつけようと思いますか?
はい  87.2%
いいえ 12.8%

Q.(はいと回答した人に)年末年始、「正月太り」を防ぐために実践しようと思っていることや意気込みを教えてください。
・「残り物を処理しようと無理して食べない。飲み過ぎない。普段と変わらぬ生活リズムを崩さないよう注意する」(48歳/女性/百貨店/販売・サービス関連)
・「入浴後のストレッチとマッサージを欠かさない。暴飲暴食をしない。なるべく歩く。続けて外食をしない」(31歳/女性/サービス/専門サービス関連)
・「お餅は大好きでやめられないけれど、今年は食べた分だけ運動して脂肪を燃焼したい」(55歳/男性/教育/専門サービス関連)
・「元旦からジムが営業しているので走りに行こうと思う。あと家にいると食べ過ぎてしまうので福袋を買いに出かけたい。でも食べ物の福袋を買ってしまうと速攻で食べてしまいそうなので気を付けるつもり」(35歳/女性/繊維・アパレル/事務・企画・経営関連)
・「夜遅くまで正月特番などを見ていると、だらだらと何か食べたくなってしまう。早めに就寝するなどして、夜遅くに食べないように気をつけたい」(39歳/男性/官公庁/公共サービス関連)
・「実家に帰省するので、ご飯を作ったり、用意をしてくれたりした人への遠慮で、どうしても普段以上に食べてしまいます。今年は、食べたフリや、周囲の人に勧めるなど、自分はあまり食べないようにしたいです」(55歳/女性/専業主婦)
・「元旦だけは思いっきり食べて飲むけれど、翌日からは普段通りの食生活をする。これを初詣で神様に誓う! 」(52歳/男性/官公庁/公共サービス関連)
・「1日2500kcal内で納めれば、急激に太ることはないだろうと思う。朝からの暴飲暴食は、特に避けて、外出時はブラックコーヒー、ショッピングセンターでは階段を使う」(56歳/男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「間食は厳禁とし、酒は一杯までにします。食事はいつもより少なくして『正月痩せ』を目指します」(46歳/男性/その他)
・「年が明けて彼氏に最初に会ったときに『太った? 』とからかわれないようにします! 家族の甘い誘惑には負けません」(30歳/女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「なるべく彼氏と過ごして、『食べない女』という演技をする(笑)」(21歳/女性/学生)

Q.(いいえと回答した人に)「正月太り」を気にしない理由を教えてください。
・「盆と正月くらいは、制限なしで飲み食いしたい」(46歳/男性/その他/技能工・運輸・設備関連)
・「せめてめでたいときくらい、現実を離れます」(38歳/男性/教育/専門サービス関連)
・「年に1度のおめでたい日なので、食べてよし! 寝てよし! に決めています」(42歳/男性/その他)
・「年に1度くらいは、いろいろ気にせずにぐうたらと過ごしたいので」(40歳/男性/設計/技能工・運輸・設備関連)
・「やはり正月くらいは気にせず飲んで食べて、ストレス発散。それにもう若くはないので、そんなに食べられない」(59歳/男性/その他)
・「1年分の蓄えをその時期にしておきたい」(48歳/男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

○総評

「正月太り」経験者の皆さんが自覚している1番の原因は、やはり「食べすぎ」だそうです。しかも、77.5%という圧倒的な数字で1位でした。実家に帰省したりすると、常に目に付くところに食べ物があったりしますよね……。しかも、お正月ならなおさらでしょうか。食べ物の誘惑が1番の敵のようですね。

そんな「正月太り」、今年は「気をつけたい」と思っているのは87.2%。ほとんどの人が、「今年こそは!」とすでに決意しているようで、それぞれの決意や正月太りを回避するべく考えた策をたくさん教えてくれました。全体を通して「積極的に運動する」というより「食べすぎを阻止!」と考えている人の方がやや多い印象でした。同じ決意をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、全ての人が「正月太り」が悪いと思っているわけでもないようで、12.8%の人は、今年の正月太りも「気にしない」そうです。
その理由のほとんどが、「正月くらいはガマンしたくない!」というものでした。たしかに、あまりにも度が過ぎていなければ、そんなに気にする必要もないのかもしれません。お正月くらい、何も気にせず食べて飲んで、めでたく過ごしたい気持ちもわかりますよね。

それぞれのお正月、ダイエットする人も気にせず食べる人も、体調にだけはご注意を。

調査時期:2016年12月19日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:721名
調査方法:インターネットログイン式アンケート