NEC、通行者の視線の方向を検知する「遠隔視線推定技術」。10m先から視線の動きを推定

写真拡大

NECが、街中や店舗などに設置されているカメラから、離れた場所にいる人の視線の方向をリアルタイムで検知できる「遠隔視線推定技術」を発表しました。

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のひとつとして開発されたもので、同社の顔特徴点検出技術を用い、目頭や目尻、瞳など目の周囲の特徴点を検知して視線を特定。これまでは、赤外線ライトとカメラが一体となった特殊な装置で視線検知を行っていましたが、本システムではWebカメラ、タブレット、スマートフォンなどに搭載された通常のカメラでも誤差は上下左右5度以内という高い精度の視線検知を実現しています。

また、これまでは困難だった複数人の視線方向の同時検知も、精度を落とすことなく算出可能。同じく従来ネックとされていた低解像度の映像や明るさの変化などにも対応しており、カメラと対象者が10メートル離れた位置からでも正確な視線を検知できるようになっています。

同社では、この遠隔視線推定技術を不審者の監視のほか、避難・誘導といった標識の設置場所を決める際の参考に応用するとしています。他にも客の視線の動きを参考にして、商業施設のマーケティングに活用することも検討されています。

ただ、動きだけでなく視線までここまで正確に分かるようになるのはちょっと怖い気もします。ディストピアものの作品にありがちな「一挙手一投足まで監視される社会」に一歩近付いたような・・・・・・。とはいえ、さまざまな分野に生かせる非常に優れた技術ですし、特にやましい気持ちがなければ気にすることはないかもしれません。