レフン監督、背後に気をつけて! (C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

写真拡大

 デンマークの鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督とエル・ファニングがタッグを組んだサスペンス映画「ネオン・デーモン」のメイキングカットがお披露目された。映画のダークな雰囲気とは打って変わって、ファニングとレフン監督が茶目っ気たっぷりにおどける様子が収められている。

 映画は、究極の美を求めるファッション業界の裏側に渦巻く欲望を、幻想的な映像美によって描き出す。トップモデルを夢見てファッション業界に足を踏み入れた16歳の純粋な少女ジェシー(ファニング)は、永遠の美を手に入れるためなら悪魔に魂を売り渡す業界の、邪悪な毒に染まっていく。

 このほど公開されたのは、ファニングとレフン監督がふざけ合うキュートな姿を切り取った2枚。1枚は、今作のポスターにも採用された首から血を流しソファーに寝そべるジェシーのカットのメイキング画像。憂いを帯びた表情で横たわるファニング隣に、レフン監督が俳優顔負けの決め顔で鎮座しており、シュールな雰囲気をかもし出している。2枚目は、真剣に演出を行うレフン監督を、背後からナイフで襲うフリをするファニングの姿をとらえており、2人の仲良しぶりが伝わってくる。

 レフン監督は、ファニングを自らの「ミューズだ」と公言しており、今作の主演に起用した理由を「彼女は昔のサイレント映画の大スターと、現代の先進的女優の素質を併せ持っている。自分自身を一変させてしまう、素晴らしい能力を持っているんだ。それにカメラ映りもとてもいい」と話し、絶賛している。

 「ネオン・デーモン」は、2017年1月13日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で順次公開。