主人公のコスプレで登場

写真拡大

 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」の新シリーズ第1作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(公開中)の“応援上映”が12月21日、東京・新宿バルト9で行われ、上映後に日本語吹き替え版で主人公ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)を演じた声優の宮野真守、ヒロインのティナ(キャサリン・ウォーターストン)を演じた伊藤静が舞台挨拶に立った。

 ハリーたちが通うホグワーツ魔法魔術学校で使われる教科書「幻の動物とその生息地」を編纂(へんさん)した魔法動物学者ニュートの若き日を描く本シリーズ。第1作目の本作では、米ニューヨークを訪れたニュートがティナたちと協力し、“魔法のトランク”から逃げ出した魔法動物を捕獲しようと奔走する。

 同日、国内での興行収入が50億円を突破したことが発表され、宮野は「この盛り上がりは、本当にすごいと思います。僕も皆さんのおかげで魔法使いになれました」と感謝の意。劇場内でのコスプレ、声援、サイリウム使用などが認められた応援上映だが、ハリウッド映画での実施は異例で「こういう風に映画を楽しむ時代になったんですね」と驚きの表情だった。また、伊藤も「この光景は、貴重ですね」と色鮮やかなサイリウムを手にしたファンの姿に見入っていた。

 複雑な呪文が数多く登場する本作だけに、実力派の宮野も「特に『石になれ』という意味の“ペトリフィカス・トタルス”が超ムズいんですよ。アフレコでは何度も録り直しました」と苦労を告白。また、劇中に登場する魔法動物の一種であるオカミーをあやすシーンを再現し「ほーら、いい子だね。ママが来たよ」と甘いセリフで、女性ファンを喜ばせていた。

 お気に入りのシーンを聞かれると、宮野は「ニュートとティナが最悪の出会いをするシーンで、ニュートがまったく空気を読めないんですよ。ああいう人間性をきっかけに、キャラクターをひも解いた」と役作りを振り返り、伊藤は「本当に空気が読めないですよね。あっ、ニュートのことだよ(笑)」とフォローしていた。