fishman_01.jpg

写真拡大 (全2枚)

 最初に目にしたときはギョッとしますが、観ているうちに、まんまるの目といかりや長介のような口元が愛らしく見えてくる不思議。『フィッシュマンの涙』の主人公は、謝礼に惹かれて製薬会社の臨床実験に参加し、副作用によって"外見は魚、内面は人"になってしまったフリーターの青年、パク・グです。

(参考記事:ミニシアター全盛期に映画館を賑わせた2本の映画が、デジタルリマスター版で復活します!

 パク・グは世間の注目を集めて、利用されたり巻き込まれたり......。女友だち、父親、人権派の弁護士、テレビ局の見習い記者、さまざまな人たちの思惑が入り乱れるなかで、周囲がヒステリックになればなるほど、ほとんど感情を露わにしないパク・グの茫洋とした目と背中が、切なさや哀しみを帯びるように見えてきます。

CGではなく、俳優、イ・グァンスが8圓鯆兇┐覽のマスクを着用して撮影が進められた。


 パク・グの願いは、普通に就職して結婚をし、家族をつくることでした。けれどもかつては"普通""当たり前"とされていた幸せが、もはや容易く手に入らないものになっている現代社会。見習い記者が地方の大学出身ゆえに馬鹿にされる描写もあり、格差社会の断面も切り取られています。"フィッシュマン"は、韓国のみならず、日本や世界のどこにでもいる、社会からこぼれ落ちる弱者の代表であり、バトンを受け継ぐことが困難な若い世代の無力感の象徴なのでしょう。それにしても、パク・クネ大統領の大スキャンダルに見舞われているいま、韓国の人たちのこの映画への感想を、あらためて聞いてみたくなります。

(参考記事:別所哲也の魅惑的、ショートフィルムの世界。 Vol.4 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について思うこと

 監督・脚本は、カンヌ国際映画祭短編部門パルムドール受賞作『セーフ』の脚本で注目を集めた、1983年生まれのクォン・オグァンが務めています。ビジュアルや設定は型破りですが、作品に込めた思いはまっとうで切実。このあたりは、エグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねた、『オアシス』などで知られる名匠、イ・チャンドンの姿勢から引き継がれたものかもしれません。生きづらさを感じている人たちにとって、のびのびと、深く呼吸ができる楽園は見つかるのか? 現代を映し出したこの寓話には、やるせなくも自由なラストシーンが待っています。

スクープを狙う記者を演じるのは、『犬どろぼう完全計画』のイ・チョニ。


『フィッシュマンの涙』

英題/Collective Invention
監督/クォン・オグァン
出演/イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン、チャン・グァンほか
2015年 韓国 1時間32分 
配給/シンカ
12月17日よりシネマート新宿、HTC渋谷ほかにて公開。
http://fishman-movie.jp


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。





細谷美香 ※Pen Onlineより転載