【安斎流・恋愛姓名判断】外運41画の人は慎重派だが、恋のチャンスは多い

写真拡大

――名字の1文字目と、名前の最後の文字を足した画数を「外運」と言います。外運は、対人運や恋愛傾向があらわれる場所。外運の画数から、その人の好きになりやすいタイプや、恋愛パターンをみていきましょう。

【安斎流・恋愛姓名判断】バックナンバーはこちら>>>

<第37回 外運「41画」>

■外運「41画」の人の恋愛キーワード
★吉凶……吉数
★キーワード……誠実純粋。面倒見がいい。理性的。人の好き嫌いをハッキリ出す。理想が高い。結婚まで進展しにくい。

<外運とは?>
 外運は、「名字の1文字目」と「名前の最後の文字」の画数を足したものです。ただし、名前3文字以上、名字3文字以上の場合は異なります。佐藤・真理子の場合、名字の「佐」と名前の下二文字「理子」が外運に、御手洗・萌の場合、名字の「御手」と名前の「萌」が外運になります。自分を取り巻く環境をあらわし、対人運や恋愛傾向がわかります。また、外運の「端数」とは、一桁ならその数字、二桁なら一の位のことを指します。

■外運「41画」の人の恋愛傾向
 恋愛の延長に結婚があるという古風な考えを持っているため、身持ちが固く、地に足がついた付き合いを好みます。社交的で行動力があるため、恋愛のチャンスは多いのですが、その場のノリで付き合うこともなく、気になる人ができたらまずは周囲に相談する慎重派。相手の地位やお金よりも、人柄や性格を尊重する心豊かな人。しかし、理想が高いため、結婚に発展しにくいところもあります。また交際が始まっても、この人は無理だと思ったらすぐに身を引くため、冷たい人だと思われてしまうこともあります。

■外運「41画」の人と相性がいいタイプ
 面倒見がよく、人を育てるのが得意な外運「41画」ですから、素直で、努力を惜しまない相手なら、多少の苦労があってもいい付き合いができます。端数「3」「5」は、真面目で理性的。心も豊かで、お互いを高め合うことができるのでオススメです。端数「7」、外運「6画」「16画」とは華やかな付き合いができ、お互い無理なく過ごせるでしょう。引っ込み思案な端数「2」の相手に対しては、面倒見のよさが発揮されて、上手に育てていくことができます。オススメできない画数はあまりないのですが、素直でない相手とは相性がよくありません。また、人柄よりも地位やお金を優先する相手には、外運「41画」のほうから愛想を尽かしてしまうことでしょう。

 人付き合いから良縁やツキを呼ぶことが多いので、積極的に友人を増やしていきましょう。周囲に相談するときには、信じられる相手に相談するようにしましょう。チャンスが多い分、結婚などの大きな決断は慎重にしてください。
(安斎勝洋)