セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画『ダンサー』バレエ界の異端児にして世界一優雅な野獣の素顔

写真拡大

バレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンの素顔に迫るドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』が、2017年7月15日(土)に東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国の劇場にて順次公開される。

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニン。端正な容姿と驚異的なジャンプ力、そして何よりその圧倒的な表現力で、ソ連生まれの名バレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの再来とも評された人物だ。

しかし人気のピークで英ロイヤル・バレエ団の退団を突然発表。その後彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVへの出演だ。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで1,700万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

その体に無数のタトゥーを刻んだ、バレエ界の異端児にして“世界一優雅な野獣”。世界三大バレエ団の一つと称される格式高い英ロイヤル・バレエ団との確執など、様々な噂が飛び交かった彼の素顔とは?本作では、本人や家族、関係者のインタビューを通して、その本当の姿に迫る。

さらに映画の公開に先駆け、セルゲイ・ポルーニン本人が来日し、東京藝術大学にてイベントを開催することが決定した。会場では作品の先行上映をはじめ、youtube動画「Take Me To Church」のトークイベントとパフォーマンスが行われる。

【作品情報】
ドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
公開時期:2017年7月15日(土) 渋谷Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次公開
監督:スティーヴン・カンター
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

■ライブプレミアイベント with セルゲイ・ポルーニン
日時:2017年4月27日(木) )18:30 開場 / 19:00 開映
会場:東京藝術大学奏楽堂
住所:東京都台東区上野公園12-8
プレゼンテーター:箭内道彦
料金:2,500円 (全席指定)
チケット販売:4月1日(土) 10:00〜 イープラス、チケットぴあにて販売開始


[写真付きで読む]セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画『ダンサー』バレエ界の異端児にして世界一優雅な野獣の素顔

外部サイト

  • 『映画 山田孝之3D』山田の思考に迫る、脳内スペクタクル3D映画
  • 映画『LOGAN/ローガン』- “最後”のウルヴァリンをヒュー・ジャックマンが演じる
  • 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ