楽童ミュージシャン、北海道で撮影されたミュージカルショートフィルムを1月1日に公開

写真拡大

楽童ミュージシャンが「思春期・下巻」の発売を控え、ミュージカルショートフィルムを先行公開する。

楽童ミュージシャンのミュージカルショートフィルム「思春期:冬と春のあいだ」の公開ニュースを知らせるポスターが本日(22日) 午前に公開された。

今回のミュージカルショートフィルムは20分で、楽童ミュージシャンのアルバム「思春期・下巻」の全曲が試し聴きできる。

フィルム名「思春期:冬と春のあいだ」は思春期が四季の中で、冬と春のあいだにあるような感じに着目したものである。今回のミュージカルショートフィルムで楽童ミュージシャンは今まで見せたことのない、兄妹の型破りのケミ(ケミストリー、相手との相性) をはじめて披露する予定だ。

今回のミュージカルショートフィルムは北海道で1週間オールロケで撮影され、楽童ミュージシャンの1stアルバム「PLAY」のタイトル曲「200%」と「GIVE LOVE」のミュージックビデオを演出したヨンイ監督がメガフォンをとった。

ポスターとともに掲載された今回のミュージカルショートフィルムについての描写も目を引く。「Chemistry-楽童ミュージシャンとのケミがいっそう深まったヨンイ監督のしっとりとした演出」、「Three Words-映像美、演技、音楽、楽童ミュージシャンの3単語でいっぱいの20分!」、「Journey of Winter-兄妹の元を訪れた、それぞれの冬、それぞれの大切さを見つけていく旅」という表現は、今回のミュージカルショートフィルムとアルバムに対する好奇心を一層高めた。

前回のアルバム「思春期・上巻」で、世の中に対する関心、夢と愛に対するときめき、自我についての悩みをこめた楽童ミュージシャンは、今回のアルバム「思春期・下巻」ではどのような視線と感情でどんな思春期を歌うのか、期待を集めている。

楽童ミュージシャンのミュージカルショートフィルム「思春期:冬と春のあいだ」は、1月1日午後1時にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通してオンラインで独占先行公開される。また1月3日にはアルバム「思春期・下巻」を発表する。