写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プライム・ストラテジーは12月22日、東京工科大学が運用する「東京工科大学 緊急用お知らせサイト」にWordPress実行環境「KUSANAGI for Microsoft Azure」が導入されたと発表した。

今回、「KUSANAGI for Microsoft Azure」のほか、WebサーバにNGINX、PHP処理系にHHVM、DBにMariaDB Galera Server、HTTP/2を採用し、常時SSL環境で運用している。

「KUSANAGI for Microsoft Azure」を導入したことで、「緊急時に、全学生・教職員・非常勤講師等のアクセスが集中した場合でもストレスなく稼働するWebサイトが安価に構築・運営できた」「緊急時に事務局から直接情報発信できる、耐障害性の高いWebサイトが構築できた」「ITリテラシーが高くない担当者でも、簡単に情報発信できるWebサイトが構築できた」といった効果が得られたという。

同大学は既に学内の業務システムをMicrosoft Azure上で稼働させており、信頼性と安定性を評価していたことから、「関係者向け緊急用お知らせサイト」においてもMicrosoft Azureを採用したとのこと。

また、同大学では、「ページキャッシュを使わずに従来のCMS環境と比較して10〜15倍速くなっているほか、特にページキャッシュに依存しなくても、管理画面の処理が速くなった」と評価している。