横山カズ・同時通訳者

写真拡大

■本音を読み取るスピードと通訳するスピード

【三宅義和・イーオン社長】横山カズさんは英語の同時通訳者、翻訳家などさまざまな分野で活躍しておられます。さらに武道や格闘技の経験もお持ちです。通訳というと国際会議などで活躍する同時通訳を思い浮かべる人が多いと思いますが、具体的にどういう仕事なのか紹介してください。

【横山カズ・同時通訳者】僕の仕事の領域としては会議と交渉があります。なぜ会議の場で同時通訳が必要かというと、出席者がそれぞれ多忙で時間がないからです。海外から著名な参加者が来たとすると、とにかく多忙で1分1秒でも惜しいということは、決して少なくありません。すると、間髪を入れずに訳すことが求められます。速いときは0.5秒後ぐらい、遅くとも数秒後には僕が訳しはじめ、ほぼ同時に終わる。これで時間の節約になりますね(笑)。

【三宅】確かに同時通訳だと、ほとんどタイムラグがない。

【横山】次に交渉ですが、この場合は机をはさんで、僕の依頼人と相手との駆け引きに入る。例えば、ジュエリーの買い付けで香港に行ったとします。取引金額が大きく、丁々発止の議論になります。そういうときに、片方の主張が終わるのを待って通訳していたのでは間延びしてしまう。

その場の張りつめた空気と交渉のリズム、ときにはジョークが出るときもありますので、ほぼ同時に、両者の気持ちになりきって訳していきます。ただ、双方の主張を訳すので言語をスイッチしつつ進めます。

【三宅】日本の依頼人が言うことは即座に英語に訳し、外国人の交渉相手が言われることは瞬時に日本語に訳すということですよね。

【横山】そうです。でも僕は会議より交渉のほうが好きです。もちろん、どちらも大変ですし緊張感もあります。しかし交渉事は相手の意図がわかったらリズムに乗って進んでいきます。上手なダンサーと踊っているような快感がありますよ(笑)。そこで必要なのは、依頼人の意図や本音を読み取るスピードと口にした言葉を英語に置き換えるスピード。

最近では、読む・聞く・話す・書くという4技能の必要性が話題になっていますが、いつも僕はその前提として「英語で思う」ことが大事だと言ってきました。だから僕は通訳の際にも、相手の思いを汲み取り、その人になりきって言葉を入れ替えることをずっと心がけています。

【三宅】相手の気持ちになりきるといいますが、英語と日本語を行ったり来たりする。しかも、臨機応変さも必要でしょう。実際にはとても大変ではないですか。

【横山】いえ、訓練すればかなりできるはずです。僕の場合は、通訳をする人物に興味を持つということを心がけてきました。もっといえば、好きになってしまうわけです。現在、大手企業のトップの方々の通訳をさせていただいていますが、間近に接したクライアントの方々に尊敬の念を抱きました。すると、その人の発想の傾向や言い回しを覚えたくなってくるんです。

■音読を工夫することで通訳の幅はぐっと広がる

【三宅】なるほど。普段から持っている英語の基礎力やボキャブラリーの多さ、多彩な言い回しに加えて、そうすることで、より深みのある通訳ができるわけですね。

【横山】はい。言葉を後から追いかけるというよりも、次はこう来るだろうと。知識だけの先読みじゃなくて、心とか意図の先読みができるほうがいいかなというのはありますね。僕が通訳していて「うまくいっているな」と思うときは、自然とそうなっている気がしています。

もし医療分野なら、知識だけで勝負しようとすると、僕もその道の専門家にはおよびません。しかし、場の空気を読み、「この交渉は、何のためにやっているのか」ということを感じていくと、うまく通訳できる場合が多いわけです。

【三宅】非常に深い話ですね。とはいえ、医療分野などは専門用語も難しい。通訳される前にしっかりインプットしてから臨まれますか。

【横山】もちろんそうです。ただ、専門的な単語を数多く、しかも一夜漬けで覚えようとしても、それには無理があります。けれども、誰でも趣味などに関連して、いろんな本を読みます。僕の場合は洋書で読むことも少なくありません。気がつくと、かなり共通している単語や表現があります。これは現場にも生かせますから、丸暗記しなければいけない単語や用語は絞り込めます。

自分が興味を持っている分野の用語は絶えず増やしておいて、自分の土俵に強引に引っ張り込む。少し前、大手の医療機器メーカーで人工心臓開発の通訳をやりました。当然、専門用語が飛び交いますが、面白いことに人工の血管とか弁などに関する用語は自動車部品のチューブとかワイヤーハーネスとほとんど同じでした。

【三宅】いろんなところに興味を持ち、アンテナを張り巡らせて知識を蓄えておられるということですね。それが、そのまま使えるときも多くある。ところで、同時通訳者になるためのトレーニングとはどのようなものでしょう。私どもイーオンでは、音読を非常に重視しています。横山さんは『パワー音読入門』という本も書かれていますが、やはり声に出すことは大切ですか。

【横山】本を読んでナレッジベースの知識を増やしておくことは大事です。だが、それだけだと、パソコンに例えると、ファイルがどんどん溜まっていく感じ。ファイルが増えれば増えるほど、検索に時間がかかるようになってしまいます。

じゃあ、どうするかというと、ファイルは増やしておいて、仕事の直前になると、僕の場合は、医療なら専門家のインタビューを片っ端から呼び出してきて、それを音読するんです。すると何が起こるかというと、専門分野の論文で書かれている難しい言葉が口語で出てきます。しかも、Q&A形式ですから、会議や交渉時のリズムを掴むこともできますね。これは、ファイルはたくさんあるけれども、最近使ったファイルとして分けて活用する感じですね。

やっぱりリーディングインプットで興味を増やして、必要に応じて音読する。それによって、知識としてではなく能力まで高めておくわけです。それには、音読が9割。僕のやり方ですと、音読を工夫することによって、通訳の幅はぐっと広がっていきます。

【三宅】音読の工夫というのは、通訳の場を想定して声の強弱を変えるとか。

【横山】それもありますし、あとは、スピード、リズム、抑揚なども工夫します。最初のアクセントを強くするとか。それと声の大きさを変えてみるということもあります。とはいえ、最後はモチベーション。いい通訳になるように、まず自分の興味があるもので、好きな人のもので音読すると。次に勉強しておくべき内容について、その専門家の論文などを読んで、それに自分の心を合わせていくっていうことですね。

■英語に対して自信を手に入れることが重要

【三宅】横山さんは、同時通訳者だけでなく、予備校の講師でもあり、大手企業でも英語研修を受け持っていますね。しかも、とても人気があるとうかがいました。そこで、聞きたいのですが「これが横山カズ流だ」という英語学習の極意は何ですか。

【横山】極意なんていわれると困ってしまいますが、僕自身、高校3年の半ばまで英語は苦手でした。今、予備校では基礎をしっかりと学ぶクラスを教えることが多いんですね。その際、一番に気をつけているのが、生徒が英語の習得を通して自信を手に入れることです。どうするかというと、例えば、授業の前と後で自分の英語の発音や聞き取り、そしてスピードがどう変化しているか体感してもらうことにしています。

【三宅】体感ですか。

【横山】授業でいきなり「音読してください」と言って、彼らの声を録音します。それを、その場で再生すると、「わー、へたくそ。滅茶苦茶だ」となりますよね。それから1時間なり2時間、徹底的に音読を繰り返していくのです。

その間、一定の時間ごとに何回か録り直します。もしくは、最後に録音することもあります。そして、最初のものと聴き比べてもらうんです。すると、口も滑らかに動いているし、すんなりと耳に入ってきますよね。「ほら、君の英語すごいよ」と誉めてあげると、わずかな時間での上達がものすごい自信になるんです。

【三宅】ひとつのことを徹底的にやる効果ですね。生徒たちは、最初は下手だったということをすっかり忘れて、今度はできるのではないかと思うようになっているのでしょうね。

【横山】これはフィジカルな勉強法と言ってもいいですね。苦手意識がかすかな自信になって、1回体で覚えたら、2度と忘れません。そうしたら、その人は将来の勉強においても、その自信を必ず思い出してくれるんじゃないでしょうか。

それと授業では発音に際してカタカナと子音のアルファベットを組み合わせたり、太字を入れたり、名詞節はそこだけ色を変えるなどして、自然にイントネーションができあがる独自の工夫などもしてきました。そうすれば、どんなに長い文でも、どんなに単語の数が多くても読めるようになっていきます。

【三宅】横山さんの授業は楽しいでしょうね。今、話していても、とても面白いので、引き込まれます。

【横山】講師が楽しくやっていると、教えられる人たちも楽しいと思います。やはり語学の勉強は楽しいほうが続けられると思います。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)