くまモン(右)とオーション

写真拡大

(台北 22日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)が、交通部(交通省)観光局のPRキャラクター「オーション」([口屋]熊)と熊本県のくまモンをデザインした特別塗装機の運航を検討していることが分かった。ゆるキャラ人気にあやかり、日台観光交流の増進を図りたい考え。

観光局によると、今年の年間訪台日本人旅行者数は推計で180万人。来年は200万人を目標に掲げている。ただ、鳴り物入りで登場したオーションは今月で3歳を迎えたものの、くまモンと比較して人気があるとは言えず、特別塗装機の就航で知名度向上と台湾観光PRを狙う。

デザインの詳細や就航日時は決まっていないが、関係者は優先的に高雄―熊本線で運航するとしている。また、将来的には高雄を拠点に北海道、東京、大阪、沖縄線への投入も視野に入れているという。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)