写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立キャピタル、フリーダム・ジャパン、Mastercardは、2017年1月より、新たな経費精算ソリューションとしてコーポレートカードのマネジメント機能の提供を開始すると発表した。

クラウドサービス上で、企業が経費精算のために社員へ貸与するコーポレートカードをリアルタイムに一元管理することで、顧客企業内の「リスク管理」「キャッシュレス」「ペーパーレス」に貢献するとしている。

同機能は、フリーダムがMastercardのAPI技術を使って提供するコーポレートカードの監視システムを通じて、社員に貸与するコーポレートカードの利用を企業のカード管理者が制御(コントロール)できるもの。個々のカードに金額、利用可能日などの利用制限を設定できるほか、社内規定や事前の申請内容に違反するカード利用をクラウドサービスによりリアルタイムで検知し、利用制限をかけるとともに即時にアラートメールを配信する仕組みになっている。

コーポレートカードにフリーダムの提供する監視システムを付加することで、カード利用に伴うコーポレートカードの紛失・悪用、社員による不適切な利用などのリスクを回避することが可能となる。コーポレートカードが従来有していた現金出納処理の削減や、電子データ連携によるペーパーレス化といったメリットとあわせて提供する。

(Aries)