写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立オートモティブシステムズとクラリオンは、スマートフォンを用いた遠隔操作により、車外から並列・縦列駐車や車庫入れ・出庫を自動で行う、リモートパーキングシステムを共同で開発したと発表した。

今回開発したリモートパーキングシステムは、クラリオンの周辺監視カメラシステムであるSurroundEyeと、日立オートモティブシステムズの車両制御ユニットやステアリング、ブレーキなどのアクチュエーター制御技術を連携させた自動駐車システム。

スマートフォンにより遠隔操作で車両を駐車することができ、利用者はスマートフォンの画面に車両周辺の映像と、車両の進行経路をリアルタイムに表示することで、常に車両周囲の状況を把握しながら、車両を操作することができる。

本システムは、無人で車両を駐車・出庫させることが可能なことから、特に車庫などの省スペースでの駐車に有効だという。両社は今後、自動車メーカーなどへの提案を通じて、本システムの早期実用化をめざす。

(丸山篤)