ソ・イングク、カムバックタイトル曲は「BeBe」に決定…セクシーなコンセプトに関心集中

写真拡大

ソ・イングクが歌手として活動を再開し、セクシーな姿をアピールする。

ソ・イングクは22日午前0時、公式SNSチャンネルを通じて28日に公開する6thデジタルシングルの曲名と歌詞の一部を発表した。タイトル曲の曲名は「BeBe」でセクシーで夢幻的な雰囲気を込めた予告イメージを一緒に公開し、カムバックへの期待を高めた。

公開された写真にはソ・イングクの横顔がクローズアップされ、視線を引きつける。イエローからレッドまでほのかな色味の背景の後にソ・イングクの奥深い目が写っており、夢幻的な雰囲気が漂う。

予告イメージには赤い文字でカムバック曲の英文名である「BeBe」と暗い色で歌詞の一部が記されており、好奇心を刺激する。「あなたはもう私の全てを持つことができる。My Babe」という歌詞は予告イメージのセクシーな雰囲気と調和し、今回は歌手としてソ・イングクがどんな姿を見せてくれるか、関心が高まっている。

特にイメージの下には「Lyrics by. SEO IN GUK」という文章を通じてソ・イングクが直接作詞に参加した曲であることを明らかにし、新曲への期待を高めている。

ソ・イングクは3月に発売した5thデジタルシングル「君という季節」の作曲・作詞に参加し、アーティストとしてより一層成熟した姿で人気を博した。今回の新曲でも音楽への愛情を十分表現し、直接作詞に参加したソ・イングクの情熱をもう一度感じることができる。

今年歌手と俳優の活動を両立し、誰より忙しい2016年を送ったソ・イングクは28日、新曲を発表すると共に31日に単独コンサートまで開き、忙しい年末を送る計画だ。

ソ・イングクの新曲「BeBe」は28日、各音楽配信サイトを通じて公開される。そして3年ぶりに開催される単独コンサート「MINT CHOCOLATE」は31日午後10時、ソウル広津(クァンジン) 区YES 24ライブホールにて行われる。