チョン・ウソン&クァク・ドウォン、ヤン・ウソク監督の新作映画「鋼鉄の雨」に出演確定…二度目の共演に“関心集中”

写真拡大

俳優チョン・ウソンとクァク・ドウォンが、ヤン・ウソク監督の新作「鋼鉄の雨」の出演を確定した。

22日、映画配給会社NEW側が伝えた2017年の映画ラインナップによれば、ヤン・ウソク監督の新作「鋼鉄の雨」が含まれている。特にチョン・ウソンとクァク・ドウォンが主演で確定している。

またコ・アソンは配給会社側の確認結果、「スケジュールの調整が必要で出演議論中」と伝えられた。

特にチョン・ウソンとクァク・ドウォンは、映画「阿修羅」で四面楚歌の状況に追いやられた刑事ハン・ドギョンと悪徳検事キム・チャイン役を務め、緊張感溢れる演技呼吸を繰り広げたことがある。彼らの二度目となる共演に関心が高まる。

「鋼鉄の雨」は、超大作ウェブ漫画「スチールレイン」を映画化した作品で、南北関係で発生した事件を描いた作品だ。韓・米の両国が北朝鮮軍部の強硬派を除去しようとする計画を立てることになるストーリーだ。