EXO スホ、ドラマ「宇宙の星が」場面写真&本人コメント公開

写真拡大 (全2枚)

「宇宙の星が」EXOのスホが撮影の感想を伝えた。

22日、MBCの「三色のファンタジー」の第1弾「宇宙の星が」(脚本/演出:キム・ジヒョン) 側はスホの撮影の感想と共に撮影現場の写真を公開した。

公開された写真にはジャージ姿のスホが無表情で公園に佇む姿が写っている。憂いを含んだ彼の眼差しが配役に対する好奇心を高めている。

天才シンガーソングライターウジュ役を演じるスホは「ウジュというキャラクターは傲慢で序盤に死にたいと思っている人だ。だからウジュの感情に集中している」と感想を伝えた。続いて「監督と撮影前に台本練習など多くのことを一緒に準備した。実際歌手として活動しているから作品をよく理解することができた。監督が表現したいものを僕が実現できると思った」と俳優としてのしっかりとした抱負もアピールした。

また愛らしい眼差しでお兄さんに対するファン心を見せた死神ジウの可愛い写真も公開された。死神になった女子高生ピョリ役を演じるジウは「ドラマが目の前に描かれているようでドキドキしている。ウジュを救うために奮闘している」と感想を伝えた。

「宇宙の星が」はアイドルファンの死神ピョリと、早死が予想される歌手ウジュが繰り広げる時空を超えた恋愛物語だ。MBCの新しい試みである9部作ドラマ「三色のファンタジー」の第1弾である「宇宙の星が」は韓国で来年1月末に放送される予定だ。