防弾少年団 SUGA、耳の負傷により年末のステージに一部不参加

写真拡大

防弾少年団 SUGAが負傷で年末のステージの一部に参加できなくなった。

所属事務所のBig Hitエンターテインメントは22日午前、「防弾少年団のメンバーSUGAが年末のステージと番組の一部に参加できなくなった」と明らかにした。

Big Hitによると、SUGAは20日、宿所の部屋の段差に足がひっかかり転び、耳に負傷を負った。すぐに整形外科へ行き傷口に無理を与えるような行動は自制しなければならないという専門医の診断を受けたという。

Big Hitは「耳の傷の部位以外に異常はないが、傷が早く癒えるよう、約1週間振りつけ練習や公演などには参加しない方が良いという医師の言葉に基づいて、SUGAはその期間中に休憩をとりながら体調管理、回復に集中する計画だ」と説明した。

これによりSUGAは本日(22日) に予定されていたステージには挨拶でのみ参加し、年末の放送などでもSUGAを除く防弾少年団6人のメンバーだけがステージに上がる予定だ。

「防弾少年団の年末ステージと公演を待っている多くのファンの方々にご迷惑をおかけしたことについて謝罪を申し上げる」と謝罪の意を伝えたBig Hitは「防弾少年団メンバー全員健康に今年を終え、2017年を迎えることができように最善を尽くす」と明らかにした。