『パッセンジャー』

写真拡大

ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットW主演で、極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描く『パッセンジャー』。映画史上初となる、宇宙を舞台にしたこのラブストーリーから、世界で唯一日本だけに許可された映像を盛り込んだオリジナル予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『パッセンジャー』日本オリジナル予告編

本作は、人類移住プロジェクトとして冬眠中の乗客(パッセンジャー)5000人を乗せて地球を後にした豪華宇宙船アヴァロン号の乗客の1人ジム(クリス・プラット)が、目的地まで120年の航路の途中、90年も早く冬眠ポッドから目覚めてしまったところから幕を開ける。

広い宇宙空間の中でたった1人、長い人生を過ごさなければならない事実に打ちひしがれ、孤独に絶望するジム。だがある時、彼は広い船内をさまよい歩いているオーロラ(ジェニファー・ローレンス)と運命的な出会いをはたす。オーロラもまた宇宙船の中で目覚めてしまっていたのだ。初めは宇宙空間という極限状態に置かれた運命に絶望し、自暴自棄になる2人。しかし、やがて2人は互いに引かれ合い、限られた時間の中で共に生きようと決意する。

解禁となった予告編では、こうした物語が語られる一方で、宇宙船に異変が起こる様子が描かれていく。船内にはまだ、4998人の命が残される中、「俺が行く」の言葉を残し、船外へと飛び出すジム。対して「やめて!」「死ぬ時は一緒よ!」と訴えかけるオーロラの姿。そして予告編の最後に語られる「目覚めたのには理由がある」という意味深なセリフ。はたして、2人が目覚めてしまった理由とは?

『パッセンジャー』は2017年3月24日より全国公開となる。