ヒロインは忽那汐里に決定! (C)2017 Hit-Point/「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 1900万ダウンロードを記録した人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する「ねこあつめの家」の公開日が、2017年4月8日に決定した。あわせて、ヒロインを忽那汐里が演じていることが明らかになり、忽那や物語の鍵を握るネコ・りんごの姿をとらえた場面写真が公開された。「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の蔵方政俊監督がメガホンをとる。

 14年10月に発売されたゲームアプリ「ねこあつめ」は、庭先に訪れるネコたちをながめて楽しむというシンプルな内容ながら、アメリカのニュース専門放送局「CNN」でも取り上げられるなど、高い人気を博している。映画では、スランプに陥った小説家・佐久本勝(伊藤淳史)が、1匹のネコとの出会いをきっかけに、田舎の古民家で“ねこあつめ”を開始する。

 忽那が演じるのは、佐久本の担当編集者・ミチル。大のネコ好きだという忽那は、「こんなにたくさんのネコちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります」と喜びのコメント。さらに、「この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化とともに、ネコちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です」と本作の魅力を語っている。

 「ねこあつめの家」は、17年4月8日から全国公開。