熱血編集者役で出演する忽那汐里
 - (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

写真拡大

 スマートフォン向け人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を、伊藤淳史主演で実写映画化する『ねこあつめの家』のヒロイン役に女優の忽那汐里が決定したことが明らかになった。

 庭先に訪れるねこたちを眺めて楽しむアプリ版「ねこあつめ」を再現するように、映画ではスランプ中の小説家・佐久本勝(伊藤)が、縁側で庭を眺めていたときにやってきた1匹のねこをきっかけに、ねこが集まる不思議な庭づくりを始めるというストーリーが展開。忽那は、佐久本を担当する熱血編集者・ミチルとして登場する。ストーリーがないゲームアプリには存在しない佐久本とミチルの関係性は、ねこまみれの生活の中で生まれる胸キュン要素として物語を盛り上げていくことが予測される。

 大のねこ好きだという忽那は、「こんなにたくさんのねこちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります」と撮影を楽しんでいる様子。また本作について「この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、さまざまな決断や変化とともに、ねこちゃんの魅力にたっぷり癒やされながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です」と説明している。(編集部・井本早紀)

映画『ねこあつめの家』は2017年4月8日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開