神話、13thフルアルバムのメンバー別コンセプトフォトを公開…強烈な男らしさで女心を掴む

写真拡大

神話(SHINHWA) がメンバー別コンセプトフォトを公開した。

1月2日午前0時、13thフルアルバム「13TH UNCHANGING - TOUCH」の音源を公開する神話が22日、公式ホームページを通じて新アルバムのメンバー別コンセプトフォトを公開し、ファンから関心を集めた。

6人のメンバーの多彩な魅力が際立つメンバーの個人写真は、グループ写真と同様に強烈なオーラとカリスマ性が感じられ、新しいアルバムへの関心を高めている。

神話は今回のアルバムのタイトル曲「TOUCH」を通じて、一番トレンディな音楽ジャンルである“フューチャーベース”を韓国のメジャー音楽シーンで初めてタイトル曲にするなど、さらに広くなった音楽の世界を予告した。そしてヒット作曲家のキム・ドヒョンとスター作詞家のキム・イナが曲の作業に参加し、神話だけが表現できるセクシーさと洗練された魅力をそのまま反映したと知られ、ファンの期待を高めている。

それだけでなく、神話は2013年に発売した11thフルアルバムのタイトル曲「This Love」を通じてアイドルとして初めてヴォーギング(Vogueing) ダンスを披露するなどアルバムごとに音楽に変化を与え、トレンドを引っ張ってきており、今回のアルバムもより一層グレードアップされた神話だけの音楽に出会えると期待される。

神話カンパニーは「神話のメンバー別コンセプトフォトが公開された。今回のアルバムではメンバーの男性らしさとカリスマ性あふれる姿を表すために努力した。また『フューチャーベース』というジャンルを通じてより一層新しくなった音楽に出会えると思う。近いうちに発売される神話の13thフルアルバムにファンの皆様の関心と期待をお願いしたい」と伝えた。