重粒子加速器「HIMAC」の俯瞰図(画像提供:量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所)

写真拡大

がん細胞をピンポイントで死滅させる「重粒子線がん治療」の開発のため、2016年12月13日、国の研究機関である量子科学技術研究開発機構と国内トップの重機・電気メーカーが技術協力の協定を結んだことを発表した。

「重粒子線がん治療」は「量子メス」と呼ばれ、従来の放射線治療より正確にがん細胞を狙い撃ちできるとされる。10年後の普及化を目指す。

患者の負担がなく免疫も損なわない「夢の治療」

量子科学技術研究開発機構(量研機構)の12月13日付発表資料によると、技術協力協定に合意したのは、同開発機構と住友重機機械工業、東芝、日立製作所、三菱電機の4社。「重粒子線治療」とは、放射線の一種の重粒子(量子)線を加速し、直接がん細胞に照射する技術で、「量子メス」と呼ばれる。現在、粒子として用いられているのは炭素が中心だが、今後はヘリウムや酸素などにも広げ、治療効果を高める。

「量子メス」のメリットは、照射するビームのエネルギーを制御することで病巣の深さに合わせた照射が可能なこと。放射線治療ができない深部のがん細胞にも直接照射できる。また、外科治療と違って患者への負担が減少し、放射線治療のように免疫機能を損なうことも少ない。

サッカーグランド並み施設の小型化がカギに

量研機構では、1994年に世界初の重粒子線がん治療装置「HIMAC」(ハイマック)を完成させ、これまでに1万人以上を治療してきた。しかし、粒子のエネルギーを高めて加速させるためには大掛かりな施設が必要で、「HIMAC」はサッカーグラウンドくらいの大きさだ(俯瞰図参照)。そこで、一般の医療機関に普及するためには、「加速器」を病院施設内に置けるよう小型化し、コスト削減を図ることが課題だ。

共同開発では、2026年をめどに各社が超伝導技術やレーザー加速装置技術を提供し、「HIMAC」の10分の1以下の大きさで、建設コストも100億円以下を目指す。同開発機構では、発表資料の中で、「加速器の小型化と低コストを早期実現し、量子メスが一般に普及し、がん死亡がゼロになる社会を目指していきます」と宣言している。