企業の6部署、それぞれの嫌われる原因と特徴

写真拡大

企業内のどの部署に所属する人たちにも、それぞれが受ける精神的な負担があり、他の部署の人たちから持たれるマイナスのイメージがある。外部から批判を受けることが多い各部署の従業員たちの特徴を紹介する。

人事

社内の政治的な話やうわさ話が大好きなあなたにとって、彼らは最高の人たちだ。人事部の従業員たちは、他の部署の人たちのことなど気にしていない。彼らは会社の忠実な部下であり、常に誰かが何かに批判したとの報告書を書いたり、解雇を言い渡したりしている。

彼らを信用してはならない。ビジネスについては何も分かっていない人たちだ。

IT

IT部門の人たちは、素晴らしい同僚たちだ。もしあなたが、とげとげしくて人を見下したような話し方をする人、依頼を受けてから3日もたってようやく助けにきてくれるような人が好きならばの話だが。彼らはあなたのパソコンでどのソフトウェアが使えるかを教えてくれるが、お勧めするソリューションに問題が起きないことは保証してくれない。

彼らは自分たちが世界を動かしていると思っている。そして、あなたがそれに同意しないようだと分かると困惑する。

営業

営業部の従業員たちは、社内で最も素晴らしい人たちだ。誰よりもそう思っているのは、当の本人たちだ。彼らは会社のために非常に熱心に、果敢に、割が悪くても、辛抱強く働いている。そのため時々、自分たちだけで製品を設計し、製造し、出荷しているわけではないことを忘れてしまう。

彼らは素晴らしく話のうまい人たちだ。そして大抵いつでも、ランチに行くと言って席を外している。他の部署の従業員たちは彼らの雄弁さ、彼らに認められる経費予算をうらやましく思うが、「世界は自分たちを中心に回っている」というような彼らの態度は受け入れていない。

マーケティング

簡単な質問への答えとしてマーケティング理論を語ってもらいたいなら、マーケティング部の従業員たちは信じられないほど素晴らしい人たちだ。

彼らは実際の市場や製品と関係がなく、顧客、営業・カスタマーサービスの従業員たちの声にも基づかないキャンペーンのアイデアを生み出すことに非常に長けている。それらのアイデアは、マーケティング関連の雑誌の最新号や、ランチセミナーのテーマに基づくものだ。彼らが誰かに学ぶことはない。常に、誰かに教えてあげる立場なのだ。

財務

どの企業でも、財務部に所属する人たちは組織の支柱だ。そして他のどの部署の人たちよりも、簡単に同僚に「ノー」を突き付けられる人たちだ。

彼らは少額の支出や必要不可欠ではないものに対する出費を、自社の財務的な健全性への意図的な攻撃のように捉える。お金の問題に関連した全ての従業員の不祥事を疑っており、それは彼らの言動に表われている。

品質管理

ビジネスのあらゆるプロセスを遅滞させ、誰も使ったことがなく今後も必要とされることがなさそうなデータ・ウェアハウスを作る人を探しているなら、品質管理部門の従業員が最適だ。

高品質の基準を定めるのは彼らだ。そして、どのプロセスでもプロジェクトでも、自分たちが口をはさむ必要があると思えばそうする。

イメージを変える努力を

他の部署の従業員たちの見方を変える唯一の方法は、私たちが彼らに何か新しい面を見せることだ。例えば、「同僚のことを気にかけている人事部の従業員が共感や思いやりの感情を相手に見せる」といったことだ。

あなた自身がどのような人であるか、他人に決めさせてはいけない。自己認識の在り方は自分でコントロールし、あなたがどんな人であるかを明確に発信できる文化を築いていこう。