マーゴット・ロビー

写真拡大

スーパーヴィラン(超悪党)が集結し、正義のために戦うアクション映画『スーサイド・スクワッド』で、ハーレイ・クイン役を演じて大ブレイクしたマーゴット・ロビー。そんな彼女が極秘結婚したことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

オーストラリア出身のマーゴットは、先週末、豪ニューサウスウェールズのバイロンベイでトム・アッカーリーと結婚。2013年にマーゴットは、彼女の出演映画『フランス組曲』の撮影で、助監督を務めていたアッカーリーと出会い交際をスタート。

マーゴットは、彼と婚約した際には公表こそしなかったものの、出演作『ターザン:REBORN』のプレミアに、左薬指にゴージャスなダイヤモンドの指輪をはめて登場し、婚約説が流れていた。

そして、先週オーストラリアの空港に降り立った彼女が、同性婚合法化運動の際に多くのセレブが着用していた「南半球で‟I DO"と言うわ」と書かれたTシャツを着ていたかことから、結婚を意味しているのではないかとも囁かれていたのだ。

その後、今月20日(火)にマーゴットが、画像共有サイトInstagramにダイヤの指輪をはめた左薬指を立てて、アッカーリーとキスを交わしている写真を投稿。画像にコメントは添えられていなかったが、SNSの投稿をもって結婚したことを認めたようだ。

マーゴット、本当に結婚おめでとう!(海外ドラマNAVI)