北大西洋条約機構(NATO)は15日(現地時間)、特別会議を招集して北朝鮮の核・ミサイル開発を強く非難する北大西洋理事会の声明を採択した。事務総長の名義で非難声明が発表されたことはあるが、理事会名義の非難声明は初めてだという。

これに対して、北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、「『北大西洋地域の平和と安全守護を目的』としているというNATOが、いかなる名分もない朝鮮問題に介入してどうのこうのというのは誰が見ても正常ではない」と非難する記事を配信した。

同通信は、「今回の声明劇を通じてNATOが南朝鮮かいらい政権と違いのない米国の一介の操り人形に過ぎず、特にかいらいの請託にも動くほど有名無実な存在だということを自らさらけ出した」と指摘。

また、声明に先立ちNATO事務次長が韓国の外交部第2次官と密談をしたとしながら「名ばかりが国際機構というNATOが史上最大のスキャンダルで最後の息をついている朴槿恵『政権』の片意地に踊らされたのは見ものだと言わざるを得ない」と主張した。

そのうえで、「NATOは、問題の本質も知らず、定見もなしに南朝鮮のかいらいに踊らされて他人についてどうのこうのとせず、国際平和と安全を破壊する道具としての自分の存在を早く終える方がよかろう」と強調した。