ジミー・キンメル 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

 第89回アカデミー賞授賞式の司会が、コメディアンで米ABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」の司会を務めるジミー・キンメルに決定した。

 キンメルは9月に開催されたエミー賞授賞式で司会を務めたばかり。同シーズンにエミー賞とアカデミー賞の司会を務めるのは史上初となる。また、アカデミー賞の司会は9月か10月に発表されるのが常だが、授賞式まで3カ月を切った時点で決定するのは異例といえる。

 その理由を、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーと米放映権を持つABCとの駆け引きが関係していると、ハリウッド・レポーター紙は報じている。過去50年以上にわたり、アカデミー賞の全米放送は同局が手掛けてきた。これまで司会の選考は映画芸術科学アカデミーが行ってきたが、近年は視聴率の低下によりABC側が不満を募らせていたという。

 今夏、放映権の契約更改で、映画芸術科学アカデミーは同局に譲歩。司会の選考を含む、授賞式のクリエイティブ面に対し、同局の関与を許可した。ABCが自局のスターであるジミー・キンメルを強力にプッシュする一方、アカデミー賞授賞式のプロデューサーに選ばれたマイケル・デ・ルカとジェニファー・トッドは他の候補を模索したが、結果的にはキンメルに落ち着いたという。

 アカデミー賞授賞式は、2017年2月26日(現地時間)に行われる。