画像

写真拡大

 メニコンは1月5日から、会員制コンタクトレンズ提供サービス「メルスプラン」にて、デジタルマーケティングの実現に向けた実証実験を開始する。

 メニコンは、日立ソリューションズおよびアイリッジとともに、会員制コンタクトレンズ提供サービス「メルスプラン」にて、デジタルマーケティングの実現に向けた実証実験を1月5日から開始する。

 具体的には、スマホアプリにアイリッジの位置連動型プッシュ通知ASP「popinfo」を導入。レンズ交換の通知や目の健康に関するコラムの配信のほか、個々の会員様の嗜好や行動に応じた情報をプッシュ通知する。

 また、スマホアプリの利用履歴データや会員情報などのデジタルデータをクラウド上のアマゾンレッドシフトに集約・分析し、One to Oneマーケティングの実現に向けた検証を行う。なお、日立ソリューションズは、分析システムの構築と運用支援を行う。

 メニコンは、蓄積されたデジタルデータを分析することで、顧客の嗜好や特徴を抽出・分類し、会員のニーズに応じた情報発信や店舗対応の改善などサービス向上を検討していく。

MarkeZine編集部[著]