来年2月25日(土)公開予定の映画「彼らが本気で編むときは、」が今注目を集めています!
『かもめ食堂』『めがね』などで、日本映画の新しいジャンルを築いてきた荻上直子監督の5年ぶりの最新作! 生田斗真さん、桐谷健太さんなどの注目若手俳優が出演することでも話題になっている本作の見どころを、今回はたっぷりご紹介します♡ 完成披露試写会へのプレゼントもご用意しているのでぜひ最後までチェックしてみてくださいね♡



「彼らが本気で編むときは、」ストーリー


小学5年生のトモ(柿原りんか)は、母のヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。
ひとりきりになったトモは、叔父であるマキオ(桐谷健太)の家に向かう。母の家出は初めてではない。
ただ以前と違うのは、マキオはリンコ(生田斗真)という美しい恋人と一緒に暮らしていた。
食卓を彩るリンコの美味しい手料理に、安らぎを感じる団らんのひととき。母は決して与えてくれなかった家庭の温もりや、
母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いながらも信頼を寄せていくトモ。
本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、人生のかけがえのないもの、本当の幸せとは何かを教えてくれる至福の時間になっていく。
それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは……。

「彼らが本気で編むときは、」の見どころは?


本作の見どころはなんといってもヒロインであるリンコ役を生田斗真さんが熱演しているところ。リンコの恋人マキオ役には桐谷健太さん。さらに、ミムラさん、小池栄子さん、りりィさん、門脇麦さん、田中美佐子さんなど脇を固めるキャストも豪華な女優陣が集結しました。

本作は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)の3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描いた作品です。

トランスジェンダーの女性リンコを演じた生田斗真さんも、インタビューの中で本作についてこのように語っています。

――二度と来ない役だという思いでやらせていただきました。脚本もとてもおもしろく、またその物語は、リンコという役を僕がきちんと乗りこなせるかどうかで変わってくる、僕次第だと感じました。マキオ役の桐谷くんとも話していたんですけど、ターニングポイントになるんじゃないか、何かが変わるきっかけになるんじゃないかと思いながらやっていました。

もともと僕にとってはトランスジェンダーの方も、ゲイの方も、レズビアンの方も身近な存在だったので役を通して考え方に大きな変化はありません。ただ、きっと世の中的には多くの問題や課題があると思いますし、この作品を通していろんな愛の形を伝えることができるのは嬉しいと思いました。そして同時に、責任も感じました。

笑って泣いて、心温まる、人と人との絆を紡ぐ"編みものがたり"。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ローリエプレスでは公開に先駆け、映画「彼らが本気で編むときは、」完成披露試写へ5組10名様をご招待!
この機会にぜひご応募を♡
詳細は以下をご参照ください。

「彼らが本気で編むときは、」完成披露試写へ5組10名様をご招待


【日程】1月18日(水)
【時間】開場/18:30 開演/19:00 (予定)
【会場】都内某所(ご当選者様のみ追ってご連絡いたします)
【登壇者】生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、荻上直子監督 (予定)
【組数】5組10名

応募方法


応募方法はLAURIER PRESS公式Twitterアカウントをフォロー&下記ツイートをRTするだけ! ぜひご応募してみてくださいね♪




※当日、マスコミの取材が入る予定です。予めご了承の上ご来場ください。
※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。当日は本状を必ずお持ちください。
※満員の際、および開演後のご入場は固くお断りいたします。
※いかなる理由がありましても、開演後のご入場はできません。
※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため無効とさせていただきますので予めご了承ください。
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます。
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます
※応募期間:2016年12月21日〜2016年12月26日(月)正午まで。

2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました!(2016年12月27日現在)