21日、韓国・梨花女子大学の教授が「ろうそく集会(韓国で週末に行われている朴大統領の退陣を求めるデモ)によって大気が汚染されている」と発言し、物議を醸している。写真はソウルで行われたデモ。

写真拡大

2016年12月21日、韓国・YTNによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人・崔順実(チェ・スンシル)容疑者による国政介入問題をめぐり、崔容疑者の娘が不正入学したとの疑惑が出ている韓国・梨花女子大学の教授が、「ろうそく集会(韓国で週末に行われている朴大統領の退陣を求めるデモ)によって大気が汚染されている」と発言し、物議を醸している。

同大学環境工学科のパク・ソクスン教授は18日、自身のフェイスブックで、「毎年60万人の幼児が大気汚染のため亡くなっている」と説明し、「ろうそくに火を灯すと人体に有害な物質が発生するため、健康によくない」と主張した。また、「最近のメディアはろうそく集会に幼い子どもを連れてくることを誇らしいことかのように報道している」とした上で、「ろうそくのない国が、子どもを健康に育てられる国だ」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「こんな人が環境工学科の教授?学生たちがかわいそう」
「パク教授は韓国の良心や教育を汚染している」

「崔順実女子大学の教授らしい発言だね」
「だから何?国民は『LEDろうそく』や、スマートフォンの『ろうそくアプリ』を掲げていることを知らないの?」

「恥ずかしい。韓国国民として生きていく自信がなくなった」
「ろうそくの火よりパク教授の方が韓国社会に悪影響を及ぼしている。教授と呼ばれる人の発言とは思えない。反省し、謝罪してほしい」

「梨花女子大の教授の中には、朴大統領のように物事の正しい判断ができない人が多いようだ」
「大気が汚染されるからサバを焼くなと言った政府と同レベル」(翻訳・編集/堂本)