宮野真守の生セリフに会場が大歓喜

写真拡大

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(公開中)の大ヒット公開記念舞台挨拶が12月21日に新宿バルト9で開催され、日本語吹き替え版の声優を務める宮野真守と伊藤静が登壇。二人が人気のセリフを生披露して、観客を熱狂させた。

【写真を見る】人気声優、宮野真守と伊藤静が『ファンタビ』応援上映に登場!役柄そっくりの衣装にも注目

本作は、『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが原作・脚本を手がけるファンタジー。コスプレや声援、サイリウムOKの応援上映が開催されたこの日。大声援を送りながら映画を鑑賞し、上映後の会場は興奮冷めやらぬ様子。主人公のニュートを演じた宮野とヒロインのティナを演じた伊藤が役柄をイメージした衣装で登場すると、割れんばかりの大歓声が上がっていた。

宮野は携えたトランクを開けようとするもうまく開かず、「開かないんだ」とニュートになりきってコメント。「かわいい!」と声がかかるなど、舞台挨拶が始まるや、さっそく観客とのやり取りがスタートした。さらに宮野は「ペトリフィカス・トタルス(石になれ)」とのセリフに苦労したことを明かしつつ、「みんなカチンと石になってください」と提案。

宮野が「ペトリフィカス・トタルス!」とセリフを放つと、観客はビシッと姿勢を正し、これには宮野も伊藤も「すごい!」と大爆笑。伊藤が「魔法使えるじゃん!」と話すと、宮野は「魔法、使える。みんなのおかげで魔法使いになった気分です」と楽しそうな笑顔を見せていた。

その後はスペシャル企画として、お気に入りのセリフを再現することとなった。宮野は「ニュートは魔法動物に対して、親のように優しい。会場のみんなを(魔法動物の)オカミーだとして、オカミーのヒナに対してのセリフをやろうかな」と切り出し、会場を盛り上げる。続けて「いい子だね、ママが来たよ。よしよし。ちょっと顔見せて」と甘い声で生セリフを披露すると、会場は「キャー!」と悶絶しっぱなしで、歓声がなかなか鳴り止まないほどだった。

観客とのコールアンドレスポンスを大いに楽しんだ二人。宮野は「いいですね、応援上映。ファンタスティックですね」とにっこり。最後まで熱気に満ちた舞台挨拶となり、宮野が「『ファンタビ』大好きでしょう!?」と語りかけると、会場は「大好きー!」と絶叫していた。【取材・文/成田おり枝】