ドイツの自動車部品大手・ZFは、2019年モデルから適用される米国国家道路交通安全局(NHTSA)の新衝突試験に対応した新エアバッグ・システムを発表しました。

1

ZFの新エアバッグ・システムは、フロント・エアバッグやV字/U字型カーテンエアバッグ・システムなどで、時速90kmでの前方左斜めからの衝突でも前席乗員を保護できるように性能を高めた設計になっており、ZFでは新エアバッグ・システムが乗用車の乗員安全基準を向上できるとしています。

新エアバッグ・システムの特徴は、.襦璽侫薀ぅ福爾房茲衂佞韻襯ーテンエアバッグに、車内の設計に応じて「尖形V字形あるいは丸形U字形」のバッグ形状を採用、⊆嵶召涼羶瓦妨かって広がる特殊形状からなる「平行セル型フロント・エアバッグ」を開発したことです。

新形状カーテンエアバッグで前席乗員がダッシュボードやAピラーに頭を打ち付ける事故を防ぐことができ、平行セル型フロント・エアバッグでは、正面や側面衝突に対応して、前席乗員の前方または横方向に加わる激しい衝撃をより効果的に吸収することができます。

NHTSAは、2019年中期以降に発売される新車から、斜行移動台車(OMDB:Oblique Moving Deformable Barrier)試験を、北米「新車アセスメントプログラム」(US NCAP)に追加する予定で、この新基準の衝突試験に合格した乗用車にのみ、US NCAPの最高評価である5つ星評価が与えられます。

ZFの新エアバッグ・システムは、このNHTSAの新衝突試験の斜行移動台車(OMDB)による厳しい衝突試験でも前席乗員の保護性能を向上できます。

またZFでは、新エアバッグ・システムの性能試験に次世代型国際統一ダミー(THORダミー)を使用して安全性能の向上を実証しました。

NHTSAが実施する衝突試験は世界で最も厳しい試験の一つで、NHTSAの衝突試験が世界中の自動車メーカーが目指す衝突試験のスタンダードになっており、2019年モデルから採用される新衝突試験に対してZFがいち早く、対応策を発表したことになります。

(山内 博・画像:ZF)

独ZF、米NHTSAの新衝突試験に対応した新エアバッグ・システムを発表(http://clicccar.com/2016/12/22/428232/)