「ゼクシィ」付録の“花嫁ゴム手袋”で旦那さまに尽くす10の方法

写真拡大

「プロポーズされたら『ゼクシィ』」!!夢は幸せな笑顔いっぱいのお嫁さん♡

結婚に向けて最強に分厚くて重い「ゼクシィ」2017年1月号を購入したら付録として「花嫁ゴム手袋」がついてきました…。

清楚で美しい花嫁ゴム手袋、お皿を洗うだけではもったいない。実はこれ、花嫁修業にうってつけなんです!

ここでは、正しい花嫁ゴム手袋の使い方を伝授します。愛しい未来の旦那様のために、花嫁修業にはげみましょう♪

■「ピュアすぎる♡花嫁ゴム手袋」が可愛くて逆に困る

ゼクシィの付録として大人気の「ゴム手袋」がパワーアップして帰ってきました。洗い物やガーデニングをしていても可愛らしい花嫁でいたい女性にぴったり♪

今回は、純真無垢な白のゴム手袋。レースをあしらったゴム手袋は、見ているだけでも気分があがります。さぁ、何に使おうかな…。

過去にも「花嫁すぎるゴム手袋」「ベルばらすぎる花嫁専用ゴム手袋」が好評でした。

■「花嫁ゴム手袋」で旦那さまに尽くす方法10選

◎1:カーペットはいつも美しくなければ

お嫁さんのキホンはお掃除がしっかりできること!カーペットの面倒なお掃除も、花嫁ゴム手袋があれば簡単に埃や髪の毛を集められますよ。

◎2:面倒なシールはがしもラクラク!

魔が差して貼ってしまったシールたちも今やいい思い出。花嫁ゴム手袋なら擦ってとれるんです!将来子供が産まれて「まったく…」なんて言いながら同じことするかもしれませんね。

◎3:非力な私も今日で卒業!

「かたくて無理…!ねぇ、このフタ開けて…♡」なんて甘い会話はもう楽しみましたよね?これからの家事は戦争。ビンのフタなんて、自分一人で開けましょう!

◎4:料理中にケガ?時間のムダは人生のムダ

凍ったトマトを擦って簡単シャーベット♡擦っている時に手をケガでもしてしまったら大変!効率よくお料理するのも花嫁のつとめ!

◎5:DIYでお家のインテリアもお任せ!

お家のインテリアが気になったら即DIY!危ない作業も花嫁ゴム手袋があれば安心安全ですね。

◎6:観葉植物だって飾りたい…

お部屋の寂しいところには緑が必須!癒されアイテムをサッと設置。

◎7:寒い季節のお買い物だってなんのその!

花嫁の大切な手に冷えは大敵。まるで、旦那さまが包んでくれているようにあったかです。

◎8:透き通るような美しさは花嫁後もキープ

例え家事に追われて忙しくても、「女性」を忘れてはダメ。紫外線対策はいつも万全に。

◎9:いつまでも元気に子どもを育てて家事をして…

体力低下を防ぎながら、体型もキープ!グリップの役割をしてくれるから、さまざまな筋トレマシーンと相性抜群ですね。

◎10:PPAPにも華を添えられる

花嫁にもユーモアは大切です。流行のPPAPだって可憐にこなせます。家の外からでもあたたかな笑い声が聞こえてきそう…。

■花嫁ゴム手袋で豊かなハッピーライフを♡

花嫁ゴム手袋があれば、どんなシーンも可愛らしい花嫁気分で乗り越えることができそうですね!

ぜひ参考になさって、素敵な結婚生活を楽しんでみてください。気になる人は売り切れる前に書店へGO!

(著:nanapiユーザー・nanapi美容部)