新垣結衣さんと星野源さんが共演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。すごく観たいけど終わってしまうのはイヤ、という独身OLを増産した最終回が12月20日に放送されました。リアルタイムの平均視聴率は20.8%。Twitterには、2回観た、3回観た、録画した映像を消さないで何度も見直す! というコメントが並び、人気の度合いがうかがえます。

物語は、平匡さんからプロポーズされたみくりちゃんが「愛情の搾取には断固反対します」と、反論した第10話のリフレインからスタート。多くの現実的な独身OLは「ふたりがこのまま、それぞれの道へと進んでいってしまうのではと、1週間ハラハラしていた」「それも已む無しの展開と思った」と言い、大逆転のホッとさせられるエンディングに「ドラマの中盤から涙ポロポロだった」と大好評です。

新垣結衣さんが紅白の審査員に!

その余韻も冷めやらぬ21日、NHKが大晦日の『第67回紅白歌合戦』のゲスト審査員を発表。新垣結衣さんの名前があり、「源ちゃんが歌うとき、ガッキーも恋ダンスを踊ってくれるかも♡  あれ? でも、審査員がステージに上がることってあったっけ?」「たとえ、審査員席にいたままとしても、星野源ちゃんが『恋』を歌うときは絶対カメラが抜くだろうし、司会に“いかがでしたか?”って聞かれるはず!」と盛り上がっています。

最終回では、みくりちゃんと平匡さんの家庭内会議の場面で『真田丸』のパロディーが使われ、また、青空市に藤井隆さん演じる日野さんがいきなり現れるシーンは、佐助さながらでした。星野源さんは秀忠だし、もう、赤甲冑チームと逃げ恥チーム、全員で恋ダンスを踊ってくれたらいいんだと思います。

独身アラサーOLにとって『逃げ恥』はどこがツボだったのか

ネットでも巷でも、スーパーグレイトな評価を受けている『逃げ恥』。一番のスッキリポイントは、メインキャスト全員が呪縛から解き放たれたという点でしょう。独身のプロの呪縛(平匡さん)、小賢しいの呪縛(みくりちゃん)、“面倒くさい大人”の呪縛(百合さん)、帰国子女の呪縛(百合さんの部下の女性)、イケメンの呪縛(風見さん)、ゲイの呪縛(百合さんの部下の男性)、加齢の呪縛(ポジティブモンスター)……。それぞれが持て余していた”厄介なモノ”を捨てられた、というと言いすぎですが、少なくともみんな、一歩前進。その度合いもリアルで、共感でした。

また、平匡さんが、どんどん進化していくところ。しかも、その形態が、女性が結婚相手として理想とする方向だったという。笑顔の作り方や、照れたときの手の表情。ハテナ? というときの顔、ズレた眼鏡の直し方、嬉しいことを言ってくれるときのタイミング、どれもツボ。原作はもちろんですが、脚本と演出、そして星野源さんの演技力の賜物でしょう。最終回放送中、私に「こういう風に育ってくれる男性はどこにいるんですか!」とLINEを送ってきた37歳独身OLがいましたが、そうじゃない。ちゃんと向き合っていると、進化していく(人もいる)んだということを、『逃げ恥』は教えてくれたんだと思う。星野源を探すのではなく、星野源にするんである。いや、平匡さんだけど。

そして、やっぱり、ガッキーがかわいかったなぁ。
ラスト直前のソファのシーンで、平匡さんから「おはようのチュウは……」と聞かれたときのペコちゃんのような顔なんて、何度見てもク〜ってなります。第3回家庭会議の時の、家事は全部私が引き受けるけど、やりたくないときはやらないからってゴネてたシーンで「だって、ボランティアだから! 仕事じゃないから!」っていう時ですらかわいくて、“やっぱ(顔と)声だなぁ”としみじみ。

報酬に見合った仕事以上のことを要求されるともやもやする、というのは、働く女性なら誰しも一度は感じるものでしょう。でも、誰かにそれを愚痴ったり、直接相手に不満を言ったりすると”金にうるさい”という目で見られがち。でも、ガッキーだと”そうよね、そうなのよ、わかるわ〜”ってなる。平匡さんからも“普通じゃないなんて、今さら、どうってことない”って言ってもらえる。顔はね、まぁ、まぁ、まぁ、あれですが、声とか言い方とか、タイミングとか、それまでの相手に対する心のシャッターを開ける努力とかも大きいと思うの。ということで、3月にDVDが発売されるそうなので、みくりちゃんの頑張りを1話から見直して勉強だ!

ラストのキスの平匡さんは平匡さんでなく間違いなく星野源だった! と分析する独身OLの目はたぶん正しい。

ちなみに発売中のSuits WOMAN“超”整理術号の表紙は、星野源さんですよ〜。

「入籍を急がなくて正解」「いや、平匡さんがかわいそう。みくりちゃん、いいトコどり過ぎ!」「っていうか百合ちゃんの恋の行方をスピンオフで観たい」。『逃げ恥』の非・結婚エンドは独身アラサーOLの希望か闇か……。その2では、あずき総研が『逃げ恥』が好きすぎた独身アラサー&アラフォーOLにドラマの感想を聞いてみました。