出典:shutterstock

どんなに綺麗ごとを並べても、エッチの相性がよくないと男と女の関係は成立しないもの。恋を長続きさせるには、ベッドの上で「物足りない」「つまらない」と感じさせるような振る舞いをしてはいけないんです。

そこで今回は、男性が思わず「我慢できねぇ……」と悶絶しちゃったエッチテクニックをご紹介! あなたも大好きなカレを骨抜きにしちゃいましょう。

 

■イク寸前で動きをピタッと止める

「もうイキそう……ってときに、彼女に焦らされると最高にドキドキする。もう我慢できなくて強引に攻めたくなっちゃう」(22歳/学生)

「いつも優しい彼女に言葉攻めされると、何ともいえない気持ちになる。別にMって訳じゃないけど、“イッちゃダメ!”って言われると半端なく興奮する」(25歳/保険)

どんなに強がっている男性でも、ベッドの上で好きな人にイジメられるのは好き。「イキそう……」って瞬間に、ピタっと動きを止めて「まだダメ!」「誰がイッていいって言ったの」とちょっぴりSっぽい台詞を口にしてみて! 男性は体をよじらせながら、あなたの焦らし大興奮するはずです。

 

■演技っぽくない喘ぎ声

「エッチしているとき、何の反応もないと盛り上がらない。体をビクッとさせながら、気持ちよさそうに“すごい”“もっと”とかエロイことを言ってもらいたい」(30歳/公務員)

「視覚的刺激も大事だけど、やっぱり耳元で聞く彼女の喘ぎ声ほど感じるものはない。動きに合わせて声のトーンが変わったり、吐息の間からセリフが聞こえたり。バリエーション豊富な彼女の声にもうドキドキしっぱなしだよ」(29歳/鉄道関係)

男性がエッチのときに期待していることといえば、彼女の感じている顔と色っぽい喘ぎ声。「もうダメ」「お願い」と言葉にならないセクシーな台詞に、最高に興奮するといいます。あなたも演技だと思われない程度の声で、男性を悩殺してみて!

 

■自分から積極的に動く

「彼女が気持ちよさそうにしていると嬉しくなる。だから、騎乗位で腰を振りながら悶える彼女を見ると、最高に興奮する」(28歳/商社)

「騎乗位って本当にエロいよね。いつも大人しい彼女が、快楽に負けて自分から動いちゃうこのギャップ!想像しただけで体がビクッとしちゃう」(33歳/医療関係)

男性たちが「一度はやってほしい!」と目をキラキラさせていたのが、女性が自分から腰を振っちゃう騎乗位。快楽に身を任せて体を動かす彼女を見ると、「こんな姿を見せてくれるようになったんだ」と嬉しくなるんだとか。そろそろ恥を捨てて、新たな一面を披露してみてはいかがですか?

 

■恥じらいを忘れない

「何回エッチしても、“ダメ”“イヤ”って可愛らしく喘ぐ彼女を見ると興奮する」(29歳/メーカー)

「いよいよってときに、自分からスルって下着を脱ぐ女性はちょっと萎える。演技でもいいから、もっと恥ずかしそうに振る舞ってほしい」(28歳/広告)

そうはいっても、恥じらいを忘れた女性の振る舞いは幻滅ポイントに……! 騎乗位をしているときも、目が合ったら照れ笑い。もちろん下着を脱ぐときも、布団で体を隠したり、「見ないで!」と口にしたりするなど、どんなときも可愛らしく照れる仕草を忘れてはいけませんよ。

 

いかがでしたか? 今回ご紹介したポイントをこっそり実践すれば、あなたも魔性の女になれること間違いなし! 愛情たっぷりのベッドタイムで、大好きなカレのハートを鷲掴みにしてみてくださいね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Yeko Photo Studio/shutterstock

【関連記事】

※ いっぱい出たね。男をメロメロにする「エッチ中のモテ台詞」4つ

※ 愛が加速する。男をその気にさせる「エロLINE」テク3つ

※ プレゼントはわたし♡クリスマスデートを盛り上げる、ちょっとエッチなアイディア

※ 好きの裏返し?男が「ちょっかい」を出したくなる女子の共通点

※ 今日は帰さない!デート中に彼を「その気にさせる」ひと言4つ