朝の習慣に!「ねじって1分」のウエスト引き締めストレッチ

写真拡大

ただやせたいだけならば、体重を落とせば簡単です。しかしむやみに体重だけを急に落とすと、皮膚がたるんだり筋肉量がが落ちたりとマイナス面も目立ちます。

ただ細いだけではなくメリハリが大切。綺麗にやせたいならばパーツを意識する方法で。

今回はヨガインストラクターの筆者が、綺麗に痩せるためウエスト引き締めストレッチご紹介します。

■体重に一喜一憂するより目と感触でチェックしよう

綺麗に痩せたい人は、体重の増減にこだわるよりも毎日自分の体を鏡に映し、今の体の状態を自覚することを大事にしましょう。

さらに手で触ったウエスト周りの感触や腕、足の感触などを毎日チェックし、“むくんでいる・少しお肉がついてきた・たるんできた”などの感触を大切にしながら、体のメリハリを意識しましょう。

■お腹周りを冷やすと脂肪がつく

お腹周りのサイズ感は、冷えや下半身のむくみ、骨盤周りの歪みやコリで簡単に増減します。

知らない間にくびれがなくなっている。スカートやパンツがきつくなっている。などがが無いように毎日触って確かめる習慣を持ちたいですね。

■ウエストのくびれを維持するストレッチ

(1)床に座って足を横に投げ出します。右腕を床につき、左足を立てて体がまっすぐになるようにして支えます。

(2)背中側に壁があるつもりで、背中、お尻、足のラインを直線に揃えましょう。

(3)右腕の肩甲骨を下へ下げ、肩甲骨と背中全体を使って体を支えます。このとき、右の体側部分が伸びる位置を探します。

img_0282

(4)左足を前側へ倒し、写真の赤ラインの位置に効いているか確かめながら5呼吸キープします。

img_0281

(5)左足を再び立て、ウエスト周りを楽にします。刺激が抜けたら再び左足を倒し5呼吸キープします。

(6)反対側も同様に行いましょう。

ウエストラインは意識していないとすぐに緩みます。腰回りが楽な洋服ばかりを着ているとすぐに締まりがなくなる恐ろしい部位。

毎日自分の手で触ってチェック、見てチェックの習慣をつけ、気になるときにはストレッチを習慣づけていってくださいね。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。