冷え性の必需品「靴下」。冬の靴下の選び方と効果的な履き方まとめ

写真拡大 (全6枚)

冷え性の方には辛い季節がやってきました。特に冷たくなってしまう足先を温めるには、靴下が必須ですよね。靴下の素材や形・履き方を意識するだけでも、冷えへの効果は変わってきますよ。冷え性の方におすすめの、靴下の選び方や履き方をまとめました。

靴下の素材

絹(シルク)

カイコの繭玉が原料の植物繊維です。
吸湿性・放湿性に優れ、天然の抗菌作用やUVカット作用もあるため、肌に優しく冷えに効果的な素材とされています。
摩擦や熱に弱いため、洗濯や保管には注意が必要です。

 

ウール

羊の毛から作られた動物繊維で、肌触りがよく保温性に優れています。
蒸れにくく防菌防臭作用もあるため、汗をかいても快適な素材です。
アクリルは、ウールに似た肌ざわりと温かみのある安価な合成繊維ですが、吸水性にやや劣ります。

靴下の形

足首には太い血管があるため、下半身を冷やさないために足首がしっかり隠れる丈がベストです。

ただし、足首の締め付けが強すぎると、逆に血行が悪くなってしまうので、ゴムがきつすぎないものを選びましょう。

最近何かと話題の5本指ソックスも、足の指の保温や血行促進に効果があるため、冷え性の方におすすめですよ。

出典:メンズスキンケア大学

 

靴下の履き方

ただ靴下を履くだけでは、足先が全然温まらないという方は、重ね履きを試してみましょう。

<用意するもの>

絹の靴下…5本指ソックス1枚、普通の靴下1枚ウール(or 綿)の靴下…5本指ソックス1枚、普通の靴下1枚

<履き方>

絹の5本指ソックスウール(or 綿)の5本指ソックス絹の普通の靴下ウールの普通の靴下 の順に重ねて履く

重ねて履くことで空気の層ができてより温かく、毒素の排出効果も期待できるそうです。
綿の靴下を使う場合は、ウールよりも放湿性が弱いので、こまめに取り換えましょうね。

出典:ヘルスケア大学

 

寝ている間の靴下は?

「寝ている間に靴下を履くと、逆に足が冷えてしまう」と聞いたことがありませんか?

睡眠中の靴下で足が冷えるのには、

汗が乾くときに体温を奪うから足が締め付けられて血行が悪くなるから

といった理由があるようです。

でも冷え性だと、手足が温まらずなかなか寝付けないという方も多いですよね。
靴下で足元の血行を良くすることにより、寝つきも改善できるようです。

放湿性に優れた素材を選ぶ緩めのソックスやレッグウォーマーなどを使用する

といったポイントを守れば、靴下は寝ている間も冷え性の味方になってくれるはずですよ。
靴下の素材や形も、冷えの改善には重要なポイントなんですね。
ぜひ、冬の靴下選びの参考にしてみてください。