北海道女子に学ぶ!!「一緒にいると癒される」と思わせる究極の一言とは?

写真拡大

地方出身女子にとって、大きなモテ武器となるのが“方言”。
実際に、男性の中には「不意打ちの方言に落ちた」という人も少なくありません。

そこで、このコーナーでは、そんな方言女子たちの“落としの一句” をご紹介!
今回は「北海道女子」の一句を学びます。

●「なんも」(北海道)

『女の子からの返事がこれだった時、その子がすごくいい子に見えた』(34歳/スタイリスト)

『ニコニコしながら言われ、思わずこっちまで笑顔になった。癒されますね』(26歳/福祉職)

北海道弁は可愛いものが多いですよね。
なかでも、「なんも」は言われると思わず笑顔になってしまいます。

「いえいえ」と謙遜されるより「なんも!」と元気よく言われた方が気持ちがいいです。
仕事を手伝ってもらった相手に「なんも」と言われたら、そりゃ男はイチコロですよ。

●【使用例】相手を見て会話するのは恥ずかしい……控えめ女子たちへ

〜時刻は22:00、残業で遅くまで作業をしている時〜 女『あの、何か手伝おうか……?』 男「じゃあ、これお願いできるかな?手伝わせてごめんね。」 30分後 女『これで大丈夫かな?』 男「早いね!助かった〜ありがとう!」 女『……なんも(にっこり)』 男(ズキュン!! あ……落ちた)

いつも相手に謙遜してしまう……という時に使えるとっておきの落としの一句!
優しく笑顔で言う のがポイントです。

----------

不意打ちのその一言に、男はイチコロ!
落としの一句、あなたも参考にしてみては?

(文/恋愛jp編集部)