20日、端伝媒によると、あるイラストレーターが今話題のアニメ映画「君の名は。」と大気汚染を“コラボ”させた作品を発表した。

写真拡大

2016年12月20日、香港のニュースサイト・端伝媒(イニシウム・メディア)によると、あるイラストレーターが今話題のアニメ映画「君の名は。」と大気汚染を“コラボ”させた作品を発表している。

【その他の写真】

このイラストレーターが描いたのは主人公の立花瀧と宮水三葉が階段ですれ違うシーンや、青空を背景に2人が互いを見つめるなどのシーン。スモッグの濃度がすごすぎて、瀧のすぐ近くにいるはずの三葉の顔がほとんど見えない状態だ。ネットユーザーからは「映画のタイトルを『君のシルエットは』に変えなきゃ」といった声が出ており、同メディアは「恋愛ストーリーにとって天気や環境は大切。写真を見たら分かりますよね」とコメントしている。(翻訳・編集/野谷)