正しいブラジャーの洗い方とは…!?(出典:http://www.mirror.co.uk)

写真拡大

サイズやデザインもばっちり。お気に入りのブラジャーを手に入れたら、型崩れさせることなくそれをできるだけ長く楽しみたいもの。しかし「丁寧に扱っているようでいて、実は多くの女性が洗い方で失敗しています」と専門家は指摘する。正しいブラジャーの洗い方とはいったいどのようなものなのか?

「あなたはブラジャーをどれくらい使用したら洗っていますか? それとも毎日交換していますか? また、洗う時はどのように…?」

YouTubeに動画を投稿するなど、美しいライフスタイルについて常に提案している『eshowbeauty』さん。ある動画をもとにそう疑問を投げかけたのは英メディア『mirror.co.uk』であった。その問いに正しく答えてくれたのが、数々の女性雑誌でアドバイザーとして活躍しているジュリー・カーさん。「気に入ったブラが長持ちするか早くダメになるか、左右するのは洗濯方法よ」だそうだ。

汗、皮脂など季節や肌の汚れ具合にもよるが、ジュリーさんは「ブラジャーは3〜6回着用したら洗濯すれば良いの」と語る。では3〜6日間連続してよいのかというと、それはNG。ブラは長時間にわたりゴムを伸ばした状態で着用するものゆえ、連日ともなればその劣化を加速させてしまう。ゴムを休ませることで弾性を取り戻す必要があるそうだ。

また、洗濯後にブラを乾燥機に入れてはならないことを知っている女性は多いが、特に過ちを犯しがちな点は「手洗い」。「手洗いでないとだめ」と思っている人が多いようだが、実はそんなことはない。ジュリーさんはこう説明する。

「市販されているブラのほとんどが洗濯機に耐えられるように作られており、ジッパー付きの洗濯ネットに入れれば十分。洗剤は濃くしないで。回転は弱で温水より冷水が良いの。乾かす時は平らに広げるか、センター部分を吊るしてね。」

「どうしてもシンクなどで手洗いする必要がある時はこうよ。洗剤を薄めに溶いたタップリめの水の中に5〜10分間浸けておくだけで十分。その後はよくすすいで、水を切る時には決してねじったり絞ったりしないようにね。」

以上をまとめてみると、ブラジャーは複数枚のローテーションでそれぞれのゴムの弾性を復活させ、汗や皮脂の状態次第で3〜6日ごとに洗濯することが理想であるようだ。その際はネットに入れて洗濯機の「弱」で洗うが、薄めの洗剤で“冷たい水”で良いとは意外であった。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)