日本政府観光局が発表した11月の訪日外国人客数は、前年同月比13.8%増の187万5000人だった。これまで11月として過去最高だった昨年の164万8千人を超え、過去最高となった。写真は東京を訪れる外国人旅行客。

写真拡大

2016年12月21日、日本政府観光局が発表した11月の訪日外国人客数は、前年同月比13.8%増の187万5000人だった。これまで11月として過去最高だった昨年の164万8000人を超え、過去最高となった。1〜11月累計では2198万8000人と前年同期比22.4%増えた。

紅葉シーズンの到来や展示会などのイベント開催に加え、中国や香港、韓国などとの航空路線の増便やクルーズ船の寄港増加などが寄与した。

国・地域別では、中国43万2000人(前年同月比19.2%増)、韓国42万6900人(同18.6%増)、台湾30万700人(同1.4%増)、香港15万2300人(同16.5%増)の順。中国は1月〜11月の累計で594万5500人(前年同期比28.0%増)と600万人に迫った。

12 月は、シンガポール、マレーシア、インドネシアなど東南アジアからの学校休暇を利用した旅行や、香港、フィリピン、豪州、米国、カナダからのクリスマス休暇を活用した訪日旅行需要が期待される。(八牧浩行)