写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車は21日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「eKスペース」のフロントデザインを大幅に変更するとともに、後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに「ナノイー」機能を追加するなど、快適性と利便性を向上させて発売した。

デザインでは、標準モデル・カスタムモデルともにフロントデザインを大幅に変更。標準モデルはいっそう親しみやすいデザインに、カスタムモデルは同社のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用して力強く存在感のあるデザインとした。インテリアでは、標準モデル・カスタムモデルともにそれぞれの個性にマッチしたシート生地を採用し、エクステリアとのコーディネートを図っている。

機能装備の充実とともに新グレードの追加も実施した。標準モデルでは、カスタムモデルのみの設定であったターボエンジン搭載車を追加し、予防安全機能「e-Assist」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備した「G Safety package」「T Safety package」を新たに設定。カスタムモデルでは、「e-Assist」とマルチアラウンドモニターに加えて、オートマチックハイビームとオートライトコントロールを標準装備した「カスタムG Safety Package」「カスタムT Safety Package」を新設定している。

その他に、ターボエンジン搭載車のオートストップ&ゴー(アイドリングストップ機能)に、時速13km以下になるとエンジンを停止してガソリンの消費量を抑えるコーストストップ機能の追加、後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに「ナノイー」を放出する機能の採用、 シート座面に消臭シート生地の新採用、黄砂や花粉などの微粒子を除去するクリーンエアフィルタープラスの採用、フロントウィンドシールド・フロントドア・フロントクォーターガラスにIRカット機能の追加、ターボエンジン搭載車にアクセルペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールの追加などが行われている。

三菱「eKスペース」の価格は、標準モデルが123万9,840〜169万200円、カスタムモデルが156万8,160〜193万5,360円(価格はすべて税込)。

(木下健児)